FANDOM


Aatrox(エイトロックス)はRiot Gamesが開発したゲームLeague of Legendsに登場する架空のキャラクター。

ストーリー編集

原文編集

Aatrox is a legendary warrior, one of only five that remain of an ancient race known as the Darkin. He wields his massive blade with grace and poise, slicing through legions in a style that is hypnotic to behold. With each foe felled, Aatrox's seemingly living blade drinks in their blood, empowering him and fueling his brutal, elegant campaign of slaughter.

The earliest tale of Aatrox is as old as recorded history. It tells of a war between two great factions remembered only as the Protectorate and the Magelords. Over time, the Magelords won a series of crushing victories, leaving them on the brink of obliterating their sworn enemy forever. On the day of their final confrontation, the Protectorate army found themselves outnumbered, exhausted, and poorly equipped. They braced for inevitable defeat.

Just when all hope seemed lost, Aatrox appeared among the ranks of the Protectorate. With but a few words, he urged the soldiers to fight to the last before throwing himself into battle. His presence inspired the desperate warriors. At first, they could only watch in awe as this unknown hero cleaved through their enemies, his body and blade moving in unison as if one being. Soon, the warriors found themselves imbued with a potent thirst for battle. They followed Aatrox into the fray, each fighting with the furious strength of ten until they had won a most unlikely victory.

Aatrox vanished after that battle, but the Protectorate army's newfound fury did not. Their surprising triumph led to many more until they were able to finally return home victorious. Their countrymen hailed them as heroes, but though they had saved their entire civilization from destruction, darkness lingered in the mind of each warrior. Something within them had changed. Over time, their memories of battle faded, only to be replaced with a grim revelation: their acts of heroism were, in fact, brutal atrocities committed by their own hands.

Tales like these appear among the myths of many cultures. If they are all to be believed, Aatrox's presence has changed the course of some of the most important wars in history. Though these stories remember him as a savior in dark times, Aatrox's true legacy may be a world filled with conflict and strife.

Some fight for honor, some fight for glory. It matters only that you fight. -- Aatrox

日本語訳編集

伝説の戦士エイトロックスは、「ダーキン」の名で知られる古代種族の、残された最後の五名の内の一人である。彼は巨大な剣をやすやすと振るい、見る者を魅了する優美な太刀さばきで敵の軍勢を次々と斬り捨てる。その剣はまるで生きているかのごとく、敵をほふるたびに生き血をすすり、使い手にさらなる力を与え、残酷かつ優雅な殺戮に駆り立てるのだという。

エイトロックスに関する伝承は、現存する最古の記録にまでさかのぼる。それによれば、かつて二つの大勢力が争う戦争があったという。「保護領」、そして「魔法王国」という名称のみが伝わるこの二大勢力は、長きにわたって戦乱を続けていた。やがて、魔法王国の度重なる快進撃により戦の趨勢は明らかなものとなり、彼らが宿敵をせん滅するのはもはや時間の問題と思われていた。最後の戦いに臨む保護領の兵士たちは疲弊しきっており、装備は不足し、数の上でも劣勢に立たされていた。

すべての希望が失われたかに見えたそのとき、保護領の陣営に突然姿を現したのが、エイトロックスだったという。彼は兵達に向かって「命の限り戦いぬけ」とだけ言い放つと、単騎で悠然と敵軍に向かっていった。まるで剣と一体となったかのように、次々と敵を斬り倒していく謎の勇士の姿は、絶望の淵にいた兵達を鼓舞した。はじめのうちは誰もが言葉もなく見とれているばかりだったが、やがて彼らに得も言われぬ強い戦意が湧き起こったのである。兵士たちはエイトロックスに続いて再び戦いに身を投じると、それぞれが一人十殺の力を発揮し、奇跡の反撃に成功したという。

この戦いの後、エイトロックスは姿を消したが、保護領の兵士たちの間に生まれた戦意が薄れることはなかった。驚異の勝利を収めた彼らはその後も次々と勝ち進み、ついに故郷への凱旋を果たす。同郷の人々は彼らを英雄に祭りあげたが、しかし、自らの文明を滅亡の危機から救った戦士たち一人一人の心には、なぜか消えることのない闇が残っていた。彼らの中で、何かの箍が外れてしまったのである。戦いの記憶は次第に薄れ、後には残酷な事実だけが残った。英雄と称えられた彼らも、結局は非道な殺戮行為に手を染めたに過ぎなかったのだ。

こうした伝承は、各地の神話に数多く見受けられる。そのすべてが史実であるとするなら、エイトロックスは歴史の分岐点となる重要な戦いの結末を幾度となく書き換えたことになる。物語の中のエイトロックスは、苦境から民を救った救世主として描かれている。しかし彼が本当に成し遂げたのは、戦いと争いに満ちた世界の創造だったのかもしれない。

「名誉のためだろうと、栄光を求めてだろうと関係ない。戦いさえすればいい」 -- エイトロックス

セリフ編集

Upon selection編集

"This battle will be my masterpiece."
 この戦は我が傑作となるだろう。

Attacking編集

"Cut the courage from them."
 彼らの戦意を刈り取ってやろう。
"Every kill brings victory closer."
 殺戮こそ勝利をもたらす。
"There will be no retreat."
 退かぬ。
"Fight or be forgotten."
 戦うか、忘れ去られよ。
"Honor will not save them."
 名誉は彼らを救うまい。
"Break and fall."
 散らばれ。
"Teach them to fear us."
 我らを恐れる事を彼らに教えよ。
"Now we turn the tide!"
 さあ我らが流れを変えるぞ!
"Sow the seeds of strife."
 闘争の種を播くのだ。
"Rage against the dying of the light."
 死に行く光に憤怒せよ。

Movement編集

"Violence is elegance."
 暴力こそ優雅さだ。
"Pain is temporary, victory is forever!"
 痛みは一時の事、勝利こそ永遠の物だ!
"Peace is the greatest lie of all."
 平和とは万物の中で最も巨大な偽りだ。
"War reveals what is within us."
 戦争は我らの内なるものをさらけ出す。
"Surpass the frailty of your form."
 お前の姿の儚さを凌ぎ乗り越えよ。
"They will greet you as heroes."
 お前は英雄として迎えられるだろう。
"True warriors are born in blood!"
 真の戦士は血の中で生まれるのだ!
"I am as timeless as war."
 我は戦争のように時代を超越する。
"Let fear become fury!"
 恐怖を激怒に変じせしめよ!
"I know what lurks in the hearts of men."
 我は人の心臓に何が潜むかを知っている。
"Hesitation is death."
 躊躇することは死をまねく。

Joke編集

"Nobody understands me! They called my work a hack job."
 誰も我を理解していない!我が仕事はやっつけなのだと奴等は言うのだ。
"This is no mere massacre; this is my masterwork!"
 これはただの殺戮では無い。これは我が天職なのだ!

Taunt編集

"Fight and be remembered as a hero, or die and be remembered as a coward."
 戦って英雄として記憶されよ、さもなくば死んで臆病者と記憶されよ。
"Fight as a hero, or die as a coward."
 英雄のように戦え、さもなくば臆病者のように死ね。
"Fight and be remembered, or die and be forgotten."
 戦い記憶されよ、さもなくば死んで忘れ去られよ。
"Die with fear in your heart, or win with blood on your hands."
 お前の胸に恐れを抱いて死ね、さもなくばお前の手を血で濡らして勝て。
"Even those who have nothing can give their lives."
 何も持たぬ者ですら、その命を捧げる事が出来るのだ。

Upon using Massacre編集

"Witness truth!"
 真実に立ち会え!
"Behold!"
 見るがいい!

Meeting tryndamereTryndamere first time in a match編集

"Tryndamere, my greatest creation."
 Tryndamere、我が最高の創造物よ。

Special編集

"This one's rage will shape the world."
 この者の怒りが世界を削り出すだろう。

スキン&スクリーンショット編集

  • Classic Aatrox - 2013-1-13
  • Justicar Aatrox - 2013-1-13
  • Mecha Aatrox - 2014-1-24
  • Sea Hunter Aatrox - 2015-1-23
  • Classic Aatrox
  • Justicar Aatrox
  • Sea Hunter Aatrox

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。