FANDOM


Ashe(アッシュ)はRiot Gamesが開発したゲームLeague of Legendsに登場する架空のキャラクター。

ストーリー編集

原文編集

With each arrow she fires from her ancient ice-enchanted bow, Ashe proves she is a master archer. She chooses each target carefully, waits for the right moment, and then strikes with power and precision. It is with this same vision and focus that she pursues her goal of uniting the tribes of the Freljord and forging them into a mighty nation.

As a child, Ashe was always a dreamer. She marveled at the colossal, abandoned fortresses of her ancestors, and spent hours by the fire listening to tales of the Freljord's fabled champions. Most of all she loved the legend of Avarosa, the renowned Queen of the once magnificent and united Freljord. Though her mother chided her foolishness, Ashe swore one day she would join the scattered and warlike tribes of the tundra. She knew in her heart that if her people would stand together once more, they would reach greatness again.

When Ashe was only fifteen, her mother was killed while commanding the tribe on a brash raid. Suddenly thrust into the role of leader, Ashe made the difficult decision to follow her childhood vision instead of seeking the revenge she craved. She spoke passionately against her tribe's demand for retribution, declaring the time had come to put blood feuds aside and broker a lasting peace. Some of her warriors questioned her fitness to rule and soon hatched a treasonous plot to kill the young leader.

The assassins struck while Ashe was on a routine hunt, but their plan was interrupted by the warning cry of a great hawk. Ashe looked back to see her tribesmen approaching with swords drawn. Outnumbered and overwhelmed, Ashe ran for hours. She found herself deep in uncharted territory, her weapon lost in the chase. When she heard another cry from the hawk, Ashe put her faith in the strange creature and followed it to a clearing. There she found the bird perched on a pile of stones - an ancient Freljord burial cairn. With a last glance at her, the hawk screeched and flew away. Approaching the mound, Ashe felt her breath turn to frost and an unnatural cold chill her to the bone. The stone at the top of the cairn was marked with a single rune: Avarosa.

The assassins burst into the clearing. Ashe lifted the runestone from the cairn to defend herself, revealing something hidden underneath: an ornate bow carved from ice. She grasped it, crying out in pain as frost formed on her fingers, and tore the bow from its resting place. Cold flowed from the enchanted weapon into Ashe, awakening a tremendous power that had always lived within her.

Ashe turned to face the assassins. She drew the bow, and by sheer instinct, willed arrows of pure ice to form from the cold, crisp air. With a single frozen volley, she ended the insurrection. Carefully replacing the cairn stone, she gave thanks to Avarosa for her gift, and returned home. Ashe's tribe immediately recognized the legendary weapon in the archer's hand as a blessing from the ancient Freljord queen herself.

With Avarosa's bow and her vision of peaceful unification, Ashe's tribe soon swelled, becoming the largest in the Freljord. Now known as the Avarosan, they stand together with the belief that a united Freljord will once again become a great nation.

One tribe, one people, one Freljord. -- Ashe

日本語訳編集

氷の魔力を宿した古代の弓から放たれる、幾重もの矢の軌跡――それらを目にすれば、アッシュが弓の名手であることは疑いようがない。彼女は標的を慎重に選び、ここぞという瞬間に、強力にして正確無比な一矢を放つ。これらを可能にする優れた洞察力と集中力をもってアッシュはフレヨルドの各部族を統一し、強力な国家を作り上げるという目標を追い続けているのだ。

幼い頃のアッシュは夢見がちな少女で、先祖たちが残した巨大な砦の遺跡に心を奪われ、炉端で語られるフレヨルドの伝説の勇者たちの物語に何時間も耳を傾けた。その頃の彼女が特にお気に入りだったのが、かつて統一国家として栄華を誇っていた時代のフレヨルドの女王、アヴァローサの伝説だった。「バラバラで争ってばかりのフレヨルドの諸部族を、いつか統一してみせるの!」。ばかげていると母親にたしなめられながらも、幼いアッシュはそう言い張ったものだった。フレヨルドの民が再び心をひとつにすれば、かつての栄華を取り戻せると信じてやまなかったのである。

その母親は、アッシュがわずか15歳のときに世を去った。彼女の部族が他部族への襲撃に失敗し、戦いを指揮していた母親は敵に殺されたのだ。突如として指導者の地位に祭りあげられたアッシュは、復讐を望む心を必死に抑え、幼い頃からの夢を実現するために断腸の決断を下す。彼女は報復を叫ぶ民たちを真摯に説得し、血で血を洗う争いの時代の終結と、平和への道を模索する方針を宣言したのである。しかし、これを聞いた戦士たちの中には、アッシュが族長にふさわしくないと断じる者たちもいた。そして彼らは、すぐにこの若き長の殺害を企て始めたのである。

ある日いつもの狩りに出ていたアッシュは、彼女の暗殺をもくろむ集団に襲われた。しかし、奇襲を狙った反逆者たちの企ては、1羽の雄々しいタカの一声によって打ち砕かれた。振り返ったアッシュは、抜き身の剣をかざして迫りくる反逆者たちの姿を見たのである。多勢に無勢を悟った彼女は、なすすべもなく何時間も逃げ回り、そのうちに弓さえ失くしてしまう。気がつくと見慣れない土地に迷い込んでしまっていた彼女の耳に、再びタカの鳴き声が聞こえた。不思議な鳥に信頼を覚えたアッシュが導かれるままに進んでいくと、やがて開けた場所に出た。そこには古代フレヨルドの墳墓である石塚があり、その頂上には先ほどのタカが止まっていたのである。タカは最後にもう一度だけアッシュを見ると、甲高い鳴き声を上げて飛び去った。塚に近づくにつれアッシュの息は凍りつき、今までに味わったことのない寒気が体中に染みわたっていくのを感じた。塚の頂上に置かれた石には、1つのルーン文字が刻まれている。それが示すのはなんと――「アヴァローサ」。

その時、反逆者たちが広場へとなだれ込んできた。アッシュは咄嗟にルーンの刻まれた石を塚から持ち上げ、攻撃を防ぐ。するとその石の下には、美しい装飾が施された氷の弓が埋葬されていたのである。弓をつかんだアッシュの指は霜で凍りつき、彼女は痛みに声を上げながらも、その美しき武器を持ち上げた。このとき、この魔法の弓に宿る冷気がアッシュの体を満たし、彼女の中に眠っていた凄まじい力を呼び覚ましたのである。

迫りくる男たちに向き直ると、アッシュは弓を引きしぼった。そして、半ば無意識に辺りの冷たく張り詰めた空気から氷の矢を幾本も生みだすと、一気に敵へと降り注いだ。こうして、若き長は謀反を鎮圧したのである。アッシュはルーンの刻まれた石をていねいに塚に戻すと、贈り物を授けてくれたアヴァローサに感謝し、帰途についた。そしてアッシュの手に握られた伝説の武器を目の当たりにした一族の民は、それが古代フレヨルド女王のゆかりのものであることを瞬時に見て取ったのである。

アヴァローサの弓と、彼女が掲げた平和的統一の理念のもと、アッシュの一族はたちまちフレヨルド最大の規模に成長した。現在、彼らは「アヴァローサン」の名で知られ、「フレヨルドが統一された暁には再び大国として栄える」という信念のもと、ますます結束を強固にしている。

「1つの一族。1つの民。フレヨルドを1つに」 -- アッシュ

セリフ編集

Upon selection編集

"All the world on one arrow."
 世界の運命を、一本の矢に託して。

Attacking編集

"Right between the eyes."
 一撃必中よ。

"My aim is steady."
 逃がさないわ。

"Avarosa guide me."
 アバローサのお導きを。

"My arrows fly true."
 私の矢は外れない。

"I won't miss."
 必ず仕留める。

"Lead the target."
 次は?

"Make it count."
 もらったわ。

"I only need one shot!"
 一矢で充分よ!

"Let's see how close they can get."
 私に近づけるかしら?

"No one escapes my aim."
 一人も逃がさない。

"Strike quickly!"
 迅速に!

"For the Freljord!"
 フレヨルドのために!

"Let fly!"
 放つ!

Movement編集

"Swiftly, now."
 さあ、行きましょう。

"We must press on."
 急がなくては。

"Do not confuse mercy for weakness."
 慈悲の心は、弱さではないわ。

"Peace requires a steady hand."
 強い意志こそが、平和を導くわ。

"Never lose focus."
 油断しないで。

"Stand together!"
 共に戦いましょう!

"Faster than my arrow? I think not."
 私の矢がかわせると思った?

"I won't lead us astray."
 私を信じて。

"United, we are stronger."
 団結こそが力を生むわ。

"We are one people."
 私たちはひとつの民よ。

"I will unite the Freljord."
 フレヨルドをひとつにしてみせる。

"I do my best work from afar."
 遠距離攻撃が得意なの。

"We're on the right path."
 正しき道を歩みましょう。

"I always take the high ground."
 常に有利な場所へ。

Joke編集

"No, really, put that apple on your head... ugh! Oh, hmm..."
 ううん、ホントよ?リンゴを頭に乗せてみて。(弓に矢を番えるが、失敗して弓を落とす)ああっ!落としちゃった…

"I don't have to see you to shoot you... ow! Ugh, really?"
 あなたを射抜くぐらい目をつぶっていてもできるわ。(弓に矢を番えるが、失敗して弓を落とす)ああっ!え?あれ?うそ…

"Ha ha! Check this out... ow! Ugh, who makes a bow out of ice?"
 うふふ。見てごらんなさい。(弓に矢を番えるが、失敗して弓を落とす)つめた!もう、誰が氷の弓なんて作ったのかしら。

Taunt編集

"How do you like the curves? I was talking about the bow."
 どう?この曲線美……どこ見てるの?弓の話よ。

"Take a good look; it's the last you'll get."
 好きなだけ見とれていいわよ。どうせ最後になるし。

"Keep staring... just don't look behind you."
 動かないで。膝を狙って射抜いてあげる。

Upon using Hawkshot編集

"Reveal what is hidden."
 見ておいで。

"Lead the way."
 私を導いて。

"Show me a path!"
 道を示して!

Interactions with Sejuani編集

"Misguided warmonger."
 この分からず屋の暴れん坊!

"Foolish Sejuani."
 愚かね、セジュアニ。

"So, which one is the pig?"
 うーん、どちらが豚さんかしら?

Interactions with Lissandra編集

"To pierce your black heart."
 その邪悪な心臓、射抜いてみせる。

"Your twisted ways must be stopped."
 これ以上、あなたの好きにはさせない。

"I will end your corruption."
 私の手で終わらせる。

Match start and end編集

"The fate of our people hangs in the balance."
 フレヨルドの民の未来がかかっているのよ。

"The Freljord unites!"
 フレヨルドをひとつに!


スキン&スクリーンショット編集

  • デフォルト - 2009-02-21
  • フレヨルドアッシュ - 2009-11-20
  • ロビンフッドアッシュ - 2010-04-08
  • ウォードアッシュ - 2010-07-19
  • クイーンアッシュ - 2010-09-21
  • アメジストアッシュ - 2011-11-15
  • 愛の狩人アッシュ - 2014-02-14
  • 略奪者アッシュ - 2015-02-17

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。