FANDOM


Braum(ブラーム)はRiot Gamesが開発したゲームLeague of Legendsに登場する架空のキャラクター。

ストーリー編集

原文編集

Would you like a bedtime story?

Grandma, I'm too old for that.

You're never too old to be told a story.

The girl reluctantly crawls into bed and waits, knowing she won't win this battle. A bitter wind howls outside, whipping falling snow into devil whirls.

What kind? A tale of the Ice Witch, perhaps? her grandmother asks.

No, not her.

What about a story of Braum? She was met with silence. The old woman smiles. Oh, there are so many. My grandmother used to tell me of the time Braum protected our village from the great dragon! Or once - this was long ago - he raced down a river of lava! Or - She pauses; puts a finger to her lips. Have I told you how Braum got his shield?

The girl shakes her head. The hearth fire snaps, holding off the wind.

Well. In the mountains above our village lived a man named Braum -

I know that!

He mostly kept to his farm, tending his sheep and goats, but he was the kindest man anyone had ever met, and he always had a smile on his face and a laugh on his lips.

Now, one day something terrible happened: a young troll boy around your age - was climbing the mountain and happened on a vault, set into the mountainside, the entrance guarded by a huge stone door with a shard of True Ice at its center. When he opened the door, he couldn't believe his eyes: the vault was filled with gold, jewels - every kind of treasure you could imagine!

What he didn't know was that the vault was a trap. The Ice Witch had cursed it - and as the troll boy entered, the magical door CLANGED shut behind him and locked him inside! Try as he might, he couldn't get out.

A passing shepherd heard his cries. Everyone rushed to help, but even the strongest warriors couldn't open the door. The boy's parents were beside themselves; his mother's wails of grief echoed around the mountain. It seemed hopeless.

And then, to everyone's surprise, they heard a distant laugh.

It was Braum, wasn't it?

Aren't you clever! Braum had heard their cries and came striding down the mountainside. The villagers told him of the troll boy and the curse. Braum smiled, nodded, turned to the vault, and faced the door. He pushed it. Pulled it. Punched it; kicked it; tried to rip it from its hinges. But the door wouldn't budge.

But he's the strongest man ever!

It was perplexing, her grandmother agrees. For four days and nights, Braum sat on a boulder, trying to think of a solution. After all, a child's life was at stake.

Then, as the sun rose on the fifth day, his eyes widened and a broad grin lit up his face. If I can't go through the door,' he said, then I'll just have to go through -

The girl thinks; her own eyes widen. - the mountain!

The mountain. Braum headed to the summit and began punching his way straight down, pummeling into the stone, fist after fist, rocks flying in his wake, until he had vanished deep into the mountain.

As the villagers held their breath, the rock around the door crumbled - and when the dust cleared, they saw Braum standing amidst the treasure, the weak but happy troll boy in his arms.

I knew he could do it!

But before they could celebrate, everything began to rumble and shake: Braum's tunnel had weakened the mountaintop, and now it was caving in! Thinking quickly, Braum grabbed the enchanted door and held it above him like a shield, protecting them as the mountaintop collapsed all around them. When it was over, Braum was amazed: there wasn't a single scratch on the door! Braum knew it was something very special.

And from that moment on, that magical shield never left Braum's side.

The girl is sitting upright, struggling to conceal her excitement. Her grandmother waits. She shrugs and gets up to leave.

Grandma, the girl stops her, can you tell me another?

Tomorrow. Her grandmother smiles; kisses her forehead; blows out the candle. For you need to sleep, and there are many more stories to tell.

日本語訳編集

「それじゃあ、寝る前にお話をしてあげようかね」

「おばあちゃん、あたしもうそんな歳じゃないもん!」

「お話は、いくつになっても楽しいものだよ」

少女はしぶしぶベッドに潜り込んで待った。おばあさんを言い負かそうとしたって無駄なのだ。窓の外では風がヒュウヒュウと吹きすさび、吹雪は悪魔のように渦を巻いている。

「そうだねえ… じゃあ、氷の魔女のお話はどうだい?」

「それいやあ」

「だったら、ブラームのお話にしようかね?」今度は少女が黙っているので、おばあさんは微笑んだ。「ブラームのお話はたくさんあるからねえ。私も私のおばあちゃんからよく聞かされたものだよ。ブラームがこの村を大きなドラゴンから守ってくれたときのことや、ずっとずっと昔に、溶岩の川をすごい勢いで下っていったお話や… ああ、そうそう…」おばあさんは言葉を切り、唇に指を当ててからこう言った。「ブラームがあの盾をどこで手に入れたのか、話したっけね?」

少女は首を横に振る。暖炉の薪がはぜると、風は静かになった。

「昔々、この村を見下ろす山に、ブラームという一人の男が住んでおりました」

「知ってるよ!」

「ブラームはたいてい自分の牧場にこもって、ヒツジやヤギの世話をしていましたが、それはそれは心の優しい男で、いつも朗らかに笑っていました」

「そんなある日のこと、大変な事件が起きてしまいました。ちょうどお前くらいの歳の、幼いトロールの男の子が山を登っていると、山の斜面に宝物庫を見つけてしまったのです。入り口には大きな石の扉があって、扉の真ん中には『真なる氷』の欠片がはまっていました。扉を開けたトロールの男の子は、それはもうびっくり仰天。そこにあったのは、金銀財宝、宝石の山… ありとあらゆる宝物の山だったのです!」

「でも、その宝物庫は、氷の魔女がしかけた呪いのワナでした。トロールの男の子が中に入ると、魔法の扉がバタンとしまり、男の子を閉じ込めてしまったのです。どんなに一生懸命押しても引いても、扉はびくともしません」

「そこへ通りかかった羊飼いが、男の子の泣き声に気づきました。村中の人が駆けつけましたが、力自慢の戦士たちにも、扉を開けることができません。男の子の両親はすっかり取り乱して、母親の悲しげな泣き声は山中に響きわたりました。誰もが諦めかけたそのとき…」

「驚いたことに、遠くから笑い声が聞こえてきたのです」

「ブラームでしょ!」

「そうだよ。お前は賢いねえ。村人たちが泣く声を聞きつけたブラームが、山の斜面をのしのしと下りてきたのでした。村人たちはブラームに、トロールの男の子と扉の呪いのことを話して聞かせました。ブラームはにっこり笑ってうなずくと、倉のほうを向いて、扉の前に立ちました。ところが、押しても引いても、拳で叩いても足で蹴っても、ちょうつがいを外そうとしても、扉はぴくりとも動きません」

「でも、ブラームは世界一の力持ちなのに!」

「そうだねえ、なんでだろうねえ」おばあさんはそうこたえて、話を続ける。「それから四日と四晩、ブラームは岩に腰かけて、どうしたらいいかと考えました。なんといっても、男の子の命がかかっていたのです」

「そして五日目の夜明け、ついにブラームの目は輝き、顔には満面の笑みが浮かびました。『扉は通れんようだ』とブラームは言いました。『ならば、通るのは――』」

あたまをひねっていた少女の目が、大きく見開かれる。「山だ!」

「『山だ』。よくわかったねえ。ブラームは山の頂に登ると、地面に向かって拳を打ちつけ、下へ下へと山を掘り進んでいきました。ブラームが拳をたたきつけるたびに岩は砕け石が飛び散り、やがて彼の姿は山の地面の奥深くに沈んで見えなくなってしまいました」

「村人たちが固唾をのんで見守るなか、ついに扉を支えていた岩が崩れました。巻き上がった砂ぼこりが落ち着くと、そこには宝の山を背に立つブラームの姿があったのです。その腕にはもちろん、ぐったりしているけれど嬉しそうなトロールの男の子が抱かれておりました」

「やっぱり! ブラームならやれると思ったの!」

「ところが、喜んだのもつかの間、辺りが激しく揺れはじめました。ブラームがトンネルを掘ったおかげで、なんと山の頂が崩れてきたのです! ブラームはとっさに魔法の扉をつかみ、盾のように頭の上にかざすと、崩れてきた山から村人たちを守りました。すべてが収まったあと、扉を見たブラームはびっくり。傷ひとつついていません。この扉には不思議な力が宿っているに違いないと、ブラームは確信したのでした」

「それからというもの、ブラームはこの魔法の盾を片時も手放しませんでしたとさ」

少女は興奮を隠しきれない様子で、背筋を伸ばして座っている。おばあさんは少し待って、それから肩をすくめると、立ち上がった。

「おばあちゃん」少女が呼び止める。「もっとお話して?」

「また明日ね」おばあさんはにっこりして少女の額にキスをして、ろうそくの火を吹き消した。「さあもう今夜はお休み。お話なら、まだまだたくさんあるんだから」

セリフ編集

Pickされた時編集

"The heart is the strongest muscle."
 心こそ最強の筋肉よ。

試合開始時編集

"Good times, good friends... what could be better?"
 良いタイミングに、いい友人…これ以上のものがあるか?

"If they insist on a fight, I will oblige them."
 あいつらが戦いにこだわるってんなら、付き合うまでだな。

"Ah! We are about to begin the fighting!"
 よっしゃ、戦いを始めるか!

"Now, what can we learn from fighting?"
 さて、俺達は戦いから何を学べるかな?

"Ah, new beginnings."
 さぁ、新しい戦いの始まりだ。

"Let's get going."
 行こうぜ。

"Shall we begin?"
 始めるとするかい?

"Today will be exciting day!"
 今日は楽しくなりそうだ!

"Always bring Braum!"
 いつだってブラームは来てやるぜ!

"Follow me, friends!"
 ついてきな、相棒!

"They may have many, but you have me."
 あいつらはたくさんいる。けどな、お前らには俺がいる。

"Is it the moustache? Who knows?"
 ひょっとして、ありゃ口ひげか?誰か知ってるか?

攻撃命令編集

"Why not enjoy some warm milk instead?"
 戦いの代わりに暖かいミルクでもどうだい?

"First we fight, then we eat."
 まずは戦う。その後は宴会だ。

"My shield is my sword."
 俺の盾は俺の剣でもあるんだぜ。

"Take heart."
 勇気が出てきたぜ。

"When going gets tough, you call Braum."
 もしキツくなったら、いつでもブラームを呼びな。

"Think carefully, my friend."
 気をつけろよ、相棒。

"Let's show our friends the door."
 俺の友人たちにこのドアを見せてやるか。

"You hit like baby ram! No horns yet!"
 まるであかんぼ羊みたいだな!まだ角はねぇのか!

"Now I give more than harsh talking to!"
 おっと、うるせえお小言を貰っちまったぜ!

"Sometimes, shield becomes smashing board."
 時々な。この盾も殴るための板になったりするのさ。

"Troublemaker toss is best game."
 面倒事起こすやつ、全部放り出してやるぜ。

"Now this is fun!"
 こいつは面白い!

"Show me your best."
 さあ、お前のベストを見せてみな!

"Keep your spirits high."
 '常にハイでいようぜ。

"Put away your worried face!"
 そんな心配そうな顔するなよ!

"Sometimes battle is unavoidable."
 時には避けられない戦いもあるもんだ

"Today we fight each other. Tomorrow, we may fight together."
 今、俺達はお互いに戦っている。けど、明日になったら一緒に戦ってるさ。

移動命令編集

"Sometimes icy heart just needs warm smile."
 氷の心もたまには温かい笑顔が必要なのさ。

"Braum is on the job."
 ブラームがいくぜ。

"Let us go."
 一緒に行こうぜ。

"Move like the herd."
 固まっていこうか。

"You are safe with Braum."
 ブラームといれば安全さ。

"Even heaviest door can be opened."
 どんな硬いドアだって開けられるぜ。

"If you have problem, you come to me first."
 もし何か困った事があったら。真っ先に俺の所にきな。

"Mother always said - don't lose!"
 おれの母ちゃんはいつも言ってたもんさ―「負けんな!」ってね。

"The darker the night, the brighter the stars."
 夜が暗ければ、星もまた眩し。

"No time for worrying."
 心配してる時間は無えぞ。

"Hehe, life is good, no?"
 へへ、生きてるって素晴らしいって思わないか?

"I wonder what's around next corner."
 あの角に何がいるのか気になるぜ。

"You can always trust Braum."
 いつだってブラームは信じられるぜ。

挑発編集

"If at first you do not succeed, please, tell me what it is like."
 上手くいかないことがあれば、話してくれよな。

"Don't worry, Braum was trying little bit."
 心配すんな。かるーく相手してやるよ。

挑発(対 Alistar)編集

"You remind me of Agatha. Best cow back home."
 おまえはAgathaを思い出させるな。家にかえんな、良い牛さん。

"Alistar! I have cow you should meet."
 アリスター!俺はお前にお似合いの牛を持ってるぜ!

挑発(対 Annie)編集

"Mother gave me bear as child too, Annie."
 俺の母ちゃんも俺が小さい頃は熊をくれたぜ、Annie!

挑発(対 Gragas)編集

"After this, we share a drink! You like goat's milk?"
 こいつが終わったら一緒に飲もうぜ!お前は山羊のミルクが好きだったよな?

"What's your poison, Gragas? Mine's milk!"
 何か飲むかい、グラガス?ミルクでもどうだ!

挑発(対 Tryndamere)編集

"Tryndamere! This is fun, right?"
 こいつは楽しいぜ! そう思わないか、トリンダメア?

"Are you having fun, my friend?"
 楽しんでるかい、相棒?

挑発(対 Vi)編集

"Your hair... we do not see things like this in the Freljord."
 お前の髪…そんなのフレヨルドじゃ見た事無いぜ。

冗談編集

"When life gives you curdled milk, be patient. You get very good cheese!"
 人生の中で固まりかけの牛乳を手に入れたら少しまちな。そうすりゃ良質のチーズが手にはいるぜ!

"The goats are wise; eat everything, climb everything, and if something kicks you, kick it back!"
 山羊は賢い。何でも食べるし何処でも登る。それに、もし誰かが山羊を蹴ったら蹴り返すんだぜ!

"Mother always said - float like iceberg, sting like thrown iceberg!"
 母ちゃんはいつも言ってた――「氷山のように舞い、氷山のように刺せ!」って。

Winter's Bite発動時編集

"Strike like ram!"
 雄羊の突撃だ!

"Not so fast!"
 ちょっと待ちな!

Stand Behind Me発動時編集

"You thought you were in trouble."
 どうやら、困ってるみたいだな。

"Braum is here!"
 ブラーム参上!

"Stand behind Braum!"
 ブラームの後ろに隠れてな!

Unbreakable発動時編集

"It is easy, see?"
 見たか?簡単だぜ。

"My shield is here for you."
 お前さんのための...盾だ!

Unbreakableで Asheの Enchanted Crystal Arrowをブロックする時編集

"I'm having cold flashes."
 ちょっとヒヤッとしたな。

Unbreakableで Caitlynの Ace in the HoleもしくはEzrealのrueshot Barrageをブロックする時編集

"Good shot! You'll get them next time."
 ナイスショット!次の時は決められるだろうな。

Unbreakableで Dravenの Whirling Deathをブロックする時編集

"Look! Your axes bounce right off!"
 見ろよ!お前の斧、どっかそれちまったぜ!

Unbreakableで Namiの Tidal Waveをブロックする時編集

"Ah! A refreshing sea breeze!"
 あー!海風は気持ちがいいな!

Unbreakableで Rivenの Wind Slashをブロックする時編集

"Hm. It is windy today."
 ふぅ、今日は風が強いな。

Poro-Snax使用編集

"Eat, eat and grow strong."
 食って食って、強くなれよ。
"Train hard, little poro, and one day you will be strong like... baby!"
 厳しく訓練すればちっちゃなポロでもいつか強くなれる…赤ん坊くらいにはな!

Ancient Coin購入編集

"This has the smell of a faraway land. Perhaps I shall see it one day."
 こいつからは異国のにおいがする。多分、俺はこいつを何処かで見た事があるんだろうか。

Boots of Speed購入編集

"These shoes... they're too tight!"
 この靴…きつすぎるぜ!

Boots of Speedシリーズをアップグレードする時編集

"Ha ha! Perfect!"
 はっはぁ! 完璧!

Sightstone購入編集

"No sneaking up on Braum this time."
 これからはもうブラームからは隠れられないぜ。

"Sight is the key to victory. Also stone."
 視界は勝利の鍵さ。あ、あと石もな。

Sunfire Cape購入編集

"Fire does the body good."
 燃える体。いいねぇ。

"Ohoohoo, nice and toasty."
 おっほぉ、いいぜ。そして、焦げくせぇ。

"I've always wanted an on-fire cloak!"
 いやぁ、こういう燃えてる服欲しかったのさ!

"Ooh! Now I need marshmallow."
 おぉ!マシュマロが欲しいな。

Frozen Heart購入編集

"To friends, I am snowfall. To enemies, I am avalanche!"
 友にとって、俺は粉雪。そして敵にとって、俺は雪崩さ!

Randuin's Omen購入編集

"My shield will protect this shield!"
 俺の盾がこの盾を守るぜ!

"A shield for my shield? I like it!"
 俺の盾のための盾?気に入った!

Recall発動時編集

"Ah... returning home."
 あー…ちょっと家に帰るわ。

"Hehe, time for a snack."
 へへ、おやつの時間だぜ。

"Back I go."
 戻るぜ。

Recall成功時編集

"See? That wasn't so bad."
 見たか?こいつぁ悪くねえ。

"Braum lives another day."
 ブラームはくじけないぜ。

"Is very important to take time to rest."
 休憩ってのはすげえ大事なもんさ。

スキン&スクリーンショット編集

  • デフォルト - 2014-05-12
  • 龍殺しブラーム - 2014-05-12
  • 覆面ブラーム - 2015-01-21
  • 獅子心王ブラーム - 2015-12-07

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。