FANDOM


DrMundo(ドクター・ムンド)の説明。

ストーリー編集

原文編集

It is said that the man now known as Dr. Mundo was born in the city of Zaun without any sort of conscience. Instead, he had an unquenchable desire to inflict pain through experimentation. By the time he was five, most of the pets in the Zaun neighborhood where Mundo grew up had gone missing. By his teenage years, his parents were nowhere to be found. By the time he had legally acquired his license to practice medicine, he had been acquitted of thirty-eight separate charges of murder by the Zaun authorities; the lack of evidence made prosecution impossible.
Dr. Mundo has become equal parts serial killer and mad scientist, though no one is entirely sure how his butchery qualifies as science. However, he has made tremendous strides in mapping the pain response in the human brain and body, going so far as being able to suppress it, even in the most excruciating of circumstances. He has also tapped into the primal parts of the brain through chemistry, learning how to enhance aggression and adrenaline, as well as dulling conscience and the survival instinct. In short, Dr. Mundo's life's work has been how to create the perfect science-enhanced killer. Unfortunately, the city-state of Noxus regards such behavior as a sign of initiative and ambition, rather than inhumanity. Originally fighting for Zaun, Dr. Mundo was recruited to also fight for Noxus in the League of Legends; the Madman dual faction status represents the fruits of a blossoming relationship between Zaun and Noxus. He continues his experiments to this day, even using himself as an experimental subject, as evidenced by his disfigured appearance and his... unique manner of speaking. There are rumors that the High Command in Noxus has given him free reign to pursue his life's work in his spare time.
"Beware the Madman of Zaun. In his eyes, you are already dead."

日本語訳編集

現在ドクター・ムンドの名で知られる人物は、生まれつき人としての良心というものを一切持ち合わせていなかったという。代わりに、彼は実験を行い、それを通じて他者に苦痛を味わわせたいという強い欲望に取りつかれていたのである。ムンドが5歳になる頃には、彼が育った界隈で飼われていたペットの大半が姿を消していた。思春期を迎える頃には、彼の両親も行方不明となった。その後合法的に医師免許を取得した際には、すでにゾウンの司法当局より38件もの殺人の嫌疑をかけられ、すべて証拠不十分で不起訴となっていた。
こうしてドクター・ムンドは、連続殺人鬼のマッドサイエンティストとなった。とはいうものの、彼の行う虐殺を科学と呼んでいいものかは、誰もが判断に苦しむところではあるが。しかし、彼は、ヒトの脳と体の痛覚反応の仕組みに関する分野では、現に多大な成果をあげているのも事実である。結果、人体にどんなに激しい苦痛を与えても痛みを抑制することに成功しているほか、化学物質を用いて脳の原始的本能をつかさどる部分に働きかけ、攻撃性を高めてアドレナリンの放出を促すと同時に、良心と生存本能の働きを鈍らせる方法も発見している。ドクター・ムンドが生涯続けてきた研究は、端的に言えば、科学の力で肉体を改造した完璧な殺人鬼を生み出すことである。残念ながらノクサスは、こうした取り組みを独創性と熱意の表れと評価し、非人道的行為とは見なさない。当初はゾウンの代表としてリーグ・オブ・レジェンドで戦っていたムンドだったが、やがてノクサスからもスカウトされ、現在は2つの勢力に同時に所属している。こうした彼の地位は、ゾウンとノクサスが固めている協力関係の象徴といえるだろう。ドクター・ムンドは現在も、おぞましい実験を続けている――自分自身にも。それは醜く変形したその体型と、「独特な」口調からも明らかである。噂によると、ムンドはノクサス最高司令部から直々に許可を与えられ、プライベートの時間をライフワークの追求に思う存分費やしているという。
「ゾウンの狂人にはくれぐれも用心しろ。ヤツの目にゃ、お前はすでに死人なんだ」

セリフ編集

Upon selection編集

"Mundo!"  (未発表)


Movement/Attacking編集

"Mundo go this way!"
 ムンドー、こっち行く!
"Mundo will go where he pleases! [slurps]"
 ムンドー、勝手にする!(じゅるっ)
"Come to Mundo"
 (対応台詞不明)
"Mundo mmm *slurp* Smash"
 ムンドー、ぶん殴る!

 (対応台詞不明)
 ムンドー、強すぎ!
 ムンドー、強そうなやつ倒す!
 ムンドー、相手してやる!
 ムンドー、こいつ倒す!
 ムンドー、どこ行く?
 ムンドー、移動中。

Joke編集

"Mundo say his own name a lot, or else he forget! Has happened before."
 ムンドー、自分の名前いっぱい言う! そうしないと忘れる。前にも……忘れた……。

Taunt編集

"Mundo think you a big sissy! [laughs]"
 お前、弱すぎ。ムンドー、強すぎ!

スキン&スクリーンショット編集

  • Classic DrMundo - 2013-1-13