FANDOM


Garen(ガレン)はRiot Gamesが開発したゲームLeague of Legendsに登場する架空のキャラクター。

ストーリー編集

原文編集

Throughout Valoran, the resolve of Demacia's military is alternately celebrated or despised, but always respected. Their zero tolerance moral code is strictly upheld by civilians and soldiers alike. In combat, this means Demacian troops may not make excuses, flee, or surrender under any circumstance. These principles are espoused to their forces by unrivaled demagogues who lead by example. Garen, the valiant warrior who bears the title the Might of Demacia, is the paradigm to which these leaders are compared. Thousands of great heroes have risen and fallen on the bloody battlefields between Demacia and its preeminent rival, Noxus. It was beneath their mighty banners of war that Garen first met steel with Katarina, the Sinister Blade. The infantrymen who beheld this event (and survived) commented that it seemed as though the two were locked in a mortal waltz against a symphony of clashing blades.

Garen, the pride of the Demacian military and leader of the Dauntless Vanguard, returned from this battle breathless for the first time in his career, though some speculate that this was due to reasons other than exhaustion. The plausibility of these rumors was bolstered when, in every instance thereafter, Garen seized the opportunity to encounter the Sinister Blade again. A paragon of Demacian ethic, Garen never entertained such allegations, for he knew others couldn't understand. Even simply the pursuit of a worthy opponent on the battlefield is, to a true warrior, the reason to rise each morning. The promise of one, particularly so beautifully and diametrically opposed, is the validation of his existence.

The most effective way to kill an opponent is to slice through the man next to him. -- Garen, on front line strategy

日本語訳編集

ヴァロラン大陸に住む者には、デマーシア軍の不屈の精神を称賛する者も、疎ましく思う者も、一目置いていることに変わりはない。デマーシアでは民間人も軍人も等しく軍紀を厳守し、どんなささいな違反も許されない。戦闘において兵士たちは一切の弁解を許されず、逃走はもちろん、いかなる状況下でも降伏という選択肢はない。この方針は、精鋭の指導者たちが自ら手本を示すことで、兵士たちの心にすり込まれている。そして“デマーシアの勇士”の称号を持つ勇猛な戦士ガレンは、こうした指導者たちの模範となる存在なのである。デマーシアとその宿敵ノクサス間で繰り広げられる過酷な戦いの中で、幾千の猛者たちが現れては消えていった。そんな両軍の戦旗ひるがえる戦場で、ガレンは初めて「凶兆の刃」ことカタリナと剣を交えた。この対決を目撃し、しかも生還した者たちの証言によれば、二人はまるで刃と刃が奏でるシンフォニーの中で、命を懸けたワルツを踊っているかのようだったという。

デマーシア軍随一の戦士にしてドーントレス・ヴァンガード隊の隊長を務めるガレンが肩で息をしながら帰投したのは、この日が初めてであった。兵士たちの中には、それが単に疲労のせいだけではないと邪推する者もいたほどである。しかもガレンは、この日を境に機会さえあればカタリナとの再戦を望んだため、ウワサの火に油を注ぐことになってしまった。しかし、デマーシアの倫理観を象徴する軍人である彼は、そうした根拠のない中傷には一切耳を貸さなかった。真意を凡人に説明したところで、到底理解されないと分かっていたからだ。真の戦士にとって、戦場で闘いがいのある相手と巡り合えること、それ自体が生きがいなのだ。とりわけ、対等に渡り合えるカタリナのような敵とまみえることは、ガレンにとって自分の存在意義の証明となるのである。

「敵を倒す最も効果的な方法は、そいつの隣にいる者ごと切り倒すことだ」 -- ガレン、前線での戦術について。

セリフ編集

Upon selection編集

"My heart and sword always for Demacia."
 我が剣と忠誠はデマーシアのために!

Attacking編集

"Victory awaits!"
 勝利あるのみ!

"Accursed villains."
 忌まわしき悪党め!

"Battle the infamy."
 悪は滅びよ!

"I will lead the charge."
 さあ、私に続け!

"Vile scourge."
 邪魔をするな!

"The scoundrels will pay!"
 悪には然るべき制裁を!

"I will fight as long as I stand!"
 この命ある限り、戦い続ける!

"Justice, by law, or by sword."
 法とこの剣が正義をもたらす!

"What we do is right!"
 我々が正義だ!

"We are the vanguard."
 先陣を切る!

"Show them the strength of Demacia!"
 デマーシアの力を思い知れ!

Movement編集

"Forge onward!"
 前進だ!

"For Demacia."
 デマーシアの為に。

"In the King's name."
 王の名の下に。

"I bring justice."
 正義をもたらさん。

"Fear not, I'm coming."
 大丈夫だ、今行くぞ。

"To protect our land."
 祖国を護るのだ。

"I stand ready."
 いつでも戦える。

"This world needs hope."
 この世界に希望を。

"Never forget why we fight!"
 戦う理由を見失うな。

"Demacia marches as one."
 デマーシアの心はひとつだ。

"We fight for those who cannot."
 我々は国を背負って戦っている。

"Our deeds shape the future."
 我々が未来を作る。

"Fear is the first of many foes."
 何も恐れるな。

"Keep faith in yourself."
 信念を貫け。

"Be bold; be just!"
 恐れるな。正義を成せ!

"Our courage must never waver."
 戦いを恐れるな。

Upon using Decisive Strike編集

"Charge!"
 突撃ーッ!

"Forward!"
 前進!

Upon using Courage編集

"Stay resolute!"
 踏みとどまれ!

"Demacia!"
 デマーシアー!

"Hold fast!"
 怯むな!

Upon using Judgment編集

"Break their ranks!"
 蹴散らせーッ!

"I will not falter!"
 切り開く!

Upon using Demacian Justice編集

"Justice!"
 ジャスティス!

"For the cause!"
 祖国の為に!

Joke編集

"I've got a lot of weight on my shoulders!"
 ぬう…責任の重みが肩にのしかかるな。

"Hey, look, I'm holding the world up!"
 見ろ!地球を持ち上げているぞ!

"I could do this for hours. Really."
 何時間でもできるぞ。本当だ。

Joking near enemy Katarina編集

"Seven-thousand-and-two... oh, I didn't see you standing there."
 7001,7002…ああ、君か。気づかなかった。

"Demacia..."
 デマーシア…

Joking near enemy Darius編集

"Darius, eat your heart out. Hahaha..."
 ダリウス、調子はどうだ?ハッハッハ…

Taunt編集

"Come forth, you will find honor in death."
 かかって来い!誇りある死をくれてやろう!

"The glory of Demacia will never fade."
 誉れ高きデマーシアは、永遠に不滅だ!

"No matter your numbers, I will not yield."
 何人来ようと同じだ!私は屈しない!

Taunting an enemy Darius編集

"Darius, you are a butcher, not a general."
 ダリウス、お前は将の器ではない。ただの殺戮者だ!

"Extend the hand of Noxus, pull back a stump."
 ノクサスの手を差し伸べるだと?切り落とすまでだ!

Upon dying編集

"Demacia..."
 デマ…シア…

スキン&スクリーンショット編集

  • デフォルト - 2013-10-01
  • 紅血のガレン - 2010-04-27
  • 砂漠の兵士ガレン - 2010-04-27
  • コマンドーガレン - 2010-09-08
  • 恐怖の騎士ガレン - 2011-01-18
  • さすらいの剣士ガレン - 2011-08-15
  • 鋼鉄軍人ガレン - 2013-02-01
  • 白髪の提督ガレン - 2015-07-24

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki