FANDOM



Heimerdinger.png

Heimerdinger Revered Inventor(CV:花江夏樹)

Role:Mage, Support
Release:2009/10/10
Update:v6.1
PriceIpPoints.png 3150 Link= 790

Attack■■
Defense■■■■■■
Ability■■■■■■■■
Difficulty■■■■■■■■

ステータス

体力:476 – 1751
回復力:11.0 – 40.8
マナ:307 – 987
マナ回復:6.0 – 19.6
射程:550

攻撃力:56 – 101
攻撃速度:0.625 – 0.77
物理防御:19.0 – 70.0
魔法防御:30.0
移動速度:340

Heimerdinger 0.jpg

PassiveTechmaturgical Repair Bots - テクマタジカル修理ボット -

Heimerdinger Passive.png

ハイマーの周囲にいる味方チャンピオンやH-28G砲の体力自動回復値が上昇する

概要
  • 一定レベルごとにベースの体力増加量が上昇する
  • 増加HP回復: 5秒ごと
  • 効果範囲: 1000
上昇値
HP回復量
LV 1 5 9 13 17
10 15 20 25 30

QH-28G Evolution Turre - H-28G革新砲 -

HeimerdingerQ.png

指定場所にタレットを配備し、ハイマーの攻撃対象やハイマーを攻撃中の対象を優先的に砲撃する。体力はハイマーのチャンピオンレベルに伴い上昇する。タレットは24秒毎に生成されスキルレベルが上がるごとに一秒クールダウンが減る、同時にストックできる数は2レベルごとに上昇する。 ハイマーが有効エリア外に出るとタレットは機能停止する。 H-28G革新砲の性能 体力: レベル毎に上昇 (+16) 攻撃 - 砲撃: 魔法ダメージ、砲撃のたびにレーザーが1%充填される。スキルレベルごとに1%基本充填量が増加する 攻撃 - レーザー: 16秒毎に貫通したすべての敵ユニットに魔法ダメージ。 最大配備数: 3

概要
  • コスト: 20マナ、ストック数
  • 射程: 350
  • クールダウン: 1秒
上昇値
H-28G革新砲体力
LV 1 3 5 10 18
150 200 250 375 575
砲撃 魔法ダメージ(+0.15)
スキルLV 1 2 3 4 5
12 18 23 29 34
レーザー 魔法ダメージ(+0.55)
スキルLV 1 2 3 4 5
40 60 80 105 130

WHextech Micro-Rockets - ヘクステック小型ロケット -

HeimerdingerW.png

指定位置へ向け5発のロケット弾を扇状に発射し、それぞれ魔法ダメージを与える。2ヒット目以降はダメージが減少する。 敵チャンピオンとモンスターに対して魔法ダメージ ミニオンに対しては基本値の60%のダメージを与える。 ハイマーと対象の間を狙うとロケット弾がより拡散する。

概要
  • コスト: 70/80/90/100/110マナ
  • 射程: 1325
  • クールダウン: 11秒
  • 最大合計ダメージ108/162/216/270/324 0.93
上昇値
魔法ダメージ(+0.45)
スキルLV 1 2 3 4 5
60 90 120 150 180
2ヒット目以降の魔法ダメージ(+0.45)
スキルLV 1 2 3 4 5
12 18 24 30 36

ECH-1 Electron Storm Grenade - CH-1超電磁グレネード -

HeimerdingerE.png

敵ユニットに魔法ダメージを与え、移動速度を2秒間、35%低下させるグレネード弾を投げる。直撃した敵は1.25秒間スタンする。

概要
  • コスト: 85マナ
  • 射程: 970
  • クールダウン: 18/16/14/12/10秒
上昇値
魔法ダメージ(+0.6)
スキルLV 1 2 3 4 5
60 100 140 180 220

RUPGRADE!!! - アップグレード!!! -

HeimerdingerR.png

次の通常スキルをコスト無しで使用でき追加効果が付与される。もう一度発動するとキャンセル。
H-28Q超絶砲: 強力なタレットを8秒間配備し砲撃により魔法ダメージ、レーザーによる魔法ダメージを与える。さらに範囲ダメージが追加され行動妨害スキルが無効になり対象を2秒間、25%のスロウ状態にする。砲撃のたびにレーザーが20%充填され、タレットの最大配備数を超えて配備できる。
ヘクステックロケット弾幕: ロケット弾を5発ずつ4回発射し、それぞれの魔法ダメージを与える。チャンピオンやモンスターに対しては2ヒット目以降ダメージが減少し、最大で下にある一定のダメージを与える。
CH-3X稲妻グレネード: グレネード弾がバウンドし、3回放電して魔法ダメージを与える。さらにスタンとスロウの効果範囲が広がりスロウの効果が80%に上昇する。

概要
  • コスト: 100マナ
  • 射程: 1
  • クールダウン: 100/85/70秒
上昇値
砲撃魔法ダメージ(+0.3)
スキルLV 1 2 3
80 100 120
レーザー魔法ダメージ(+0.7)
スキルLV 1 2 3
200 270 340
ヘクステックロケット弾幕(+0.45)
スキルLV 1 2 3
135 180 225
ヘクステックロケット弾幕最大(+1.83)
スキルLV 1 2 3
500 690 865
CH-3X稲妻グレネード(+0.6)
スキルLV 1 2 3
150 200 250


Heimerdinger(ハイマー)はRiot Gamesが開発したゲームLeague of Legendsに登場する架空のキャラクター。

ストーリー編集

原文編集

From the Journal of Professor Cecil B. Heimerdinger

10.14

09:15

Current meteorological conditions in Bandle City seem optimal. Atmospheric pressure is ideal for today's experiments!

Running a fifth trial for my Tridyminiumobulator this afternoon. Some fine tuning is required; singed my mustache. Need to adjust the energy throughput.

16:00

Tridyminiumobulator is still not maintaining intended proper energy efficiency! Necessary to run more numbers. In the meantime, I have found something else that's very intriguing.

While returning home after today's tests, I passed a gaggle of young yordles throwing a spherical projectile at each other. It's a simple enough concept: throw the object at someone, catch it, throw it at another yordle, repeat. But yordle miscalculations result in several errors! They throw with inconsistent accuracy and force, and the ball (as they refer to it) is frequently dropped... There are many ways for this process to be improved. According to my calculations, and after collecting data from the participants, if the pitching was consistent in both speed and arc there would be a 44.57% increase to fun! I need to ponder this for the evening.

10.15

05:20

Eureka! I've devised a solution.

I've invented an automated ball pitcher. Current name: H-28G. It employs a consistent speed and trajectory, ensuring that the recipient will always be able to catch the ball. It redirects itself to the nearest yordle (if there is more than one in the vicinity) ensuring everyone has a turn. I'll take it to the young yordles today and demonstrate my invention.

Also: spilled toxic acid on my shoes this morning. Bothersome.

10:30

Tested the automated pitcher today. It did not go as planned. The young ones were excited enough about my invention, but, when the machine was turned on, it was far too powerful! Even at its lowest setting it completely knocked a yordle off his feet. Clearly, I overestimated the velocity behind their throws... I'll return soon to make adjustments.

But my priority, for now, is the Tridyminiumobulator; I must fix its complications before lunch. Once it's in good shape, I'll need to test it somewhere else. Bandle City is proving insufficient for field research.

10.16

15:55

Apparently, there's a giant in town. A highly annoying anomaly. The noise outside is disturbing my research!

Must check fish tank today. They've been strangely quiet...

10.17

10:40

I have heard that many yordles have been injured due to the giant-related disturbance. If this doesn't stop soon, intervention will be necessary! I hope H-28G is still intact. I would lose a lot of time if it has to be rebuilt.

16:30

Everything is quiet again. It seems that the giant came to his senses and ran off. I need to gather H-28G tomorrow, once I've finished with more pressing matters. I've almost perfected the Tridyminiumobulator!

10.18

08:30

Today has been quite eventful already. I was surprised by a knock at my door. It seemed like the entire city was standing in front of my house. Normally, when a crowd has gathered, it's because they have some petty grievance about my work. But this time, they were celebrating!

Astonishingly, it seems one of the young yordles took advantage of the H-28G prototype I had left behind amidst the giant tomfoolery. He proved to be innovative, and repurposed the invention into a makeshift turret. It's powerful enough to scare off a giant - imagine that! What an ingenious little fellow.

I wish I could employ his like-minded encephalon in the near future - I have big plans and his assistance could be valuable - but he'd have to leave Bandle City. The scope of my plans necessitates a more expansive testing ground.

Runeterra should suffice!

日本語訳編集

セシル・B・ハイマー教授の研究日誌より

10月14日

09:15

バンドルシティの現在の気象条件は理想的。本日の実験にうってつけの大気圧である!

本日午後、トライディミニュモビュレーターの5回目の実験を敢行。一部微調整が必要。ヒゲが焦げてしまった。エネルギー処理量要調整。

16:00

未だにトライディミニュモビュレーターのエネルギー効率が理想値を維持できず! 再計算の必要あり。それはそうと、極めて興味深い発見があった。

本日の実験から帰宅中、若いヨードルの一団が球形飛翔体を投げ合っているところに遭遇。コンセプトは単純明快である。一方がその物体を投げ、もう一方がそれをつかんで投げ返し、これを繰り返す。もっとも、計算ミスによる取り損ねが何度もあった。ヨードルたちの投球精度は不安定である上、出力もバラバラであったため、「ボール」(彼らはそう呼んでいた)は何度も地面に落下するのだ… このプロセスの改善策はいくつも考えられる。計算上では参加者から収集したデータをもとに、投擲速度および軌道の一貫性を維持できた場合、この遊びの満足度は44.57%上昇する! 今夜は本件について熟考しよう。

10月15日

05:20

エウレカ! 我、解決法を見つけたり!

自動ボール投げ機を開発したのだ。現行名称をH-28Gとする。このマシンでなら一定の速度と軌道でボールを投擲し、キャッチ側は決してボールを取り損ねることがない。ボールはオート制御で軌道修正し、射程内の最寄りのヨードルに投げ返されるので、皆に順番が回ってくるようになっている。今から早速ヨードルたちの前で、この発明品を実演してこよう。

追記。今朝、靴の上に毒性の酸をこぼしてしまった。実に面倒だ。

10:30

自動ボール投げ機を試験運用するも、計算通りには機能せず。若いヨードルたちは我が発明に大喜びだったが、いざスイッチを入れてみると威力がありすぎ、最小出力モード時ですら、ボールをつかんだヨードルが吹っ飛んでしまうほどだった。問題は明白。ヨードルたちの投球速度を過大評価してしまったようだ。今すぐ持ち帰って調整せねば。
もとい、現時点ではトライディミニュモビュレーターの改良を優先しよう。昼までに不具合を修正し、どこか別の実験地を探さねばなるまい。バンドルシティは屋外実験には不適格であることが分かった。

10月16日

15:55

街に巨人が現れたらしい。実に苛立たしい異常である。こう騒がしくては研究に集中できん!

今日は水槽を確認せねば。このところ、魚たちが妙に静かだ…

10月17日

10:40

どうやら巨人騒動のせいで、多くのヨードルが負傷したらしい。早急な事態改善が見られない場合、介入もやむをえまい。H-28Gは無事だろうか。一から造り直すとなったら、膨大な時間を失ってしまう。

16:30

再び、すべてが静かになった。巨人が正気に戻って逃げたようだ。明日、H-28Gの回収に向かうが、その前に喫緊の課題を解決せねば。トライディミニモビュレーターの完成は近い!

10月18日

08:30

今日は朝から色々なことが起きる。まず、我が家の玄関をノックする者がいて驚いた。街の全員が押しかけてきたようだった。こういう時はたいてい、我が研究に対するくだらない苦情の申し立てなのだが、どうやら今朝は違うようだ。彼らは感謝しにきていたのだ!
驚いたことに、一人の若いヨードルが、巨人騒動のあおりで放置中だったH-28Gプロトタイプを有効活用したらしい。このイマジネーションあふれるヨードルは、我が発明品を間に合わせの砲台に転用し、ものの見事に巨人を追い払ってみせたのだ。素晴らしい! まさに小さな天才である。
近い将来、彼のその発明家的頭脳を借り受けたいものだ。我が壮大な計画にとって有能な助手になってくれるはずだが… それにはバンドルシティを出なければならないだろう。計画の規模からして、より広大な実験場が要求される。
ルーンテラ全土なら充分だろう!

セリフ編集

Upon selection編集

”Indeed, a wise choice.”
 んー、良い選択だ。

Attacking編集

”Eureka!”
 エウレカ!

”Euuureka!!”
 エウレーカ!

”For great science!”
 偉大なる科学のために。

”I theorize... your defeat!”
 理論上は君の負けだ!

”Back, you dirty ape, back!”
 あっちいけ!しっしっ!

”You are poorly designed for this!”
 君はひどい設計ミスだな!

”What a reaction!”
 驚くべき反応だ!

”Working as intended!”
 設計通りだ!

”Exceeding turret output capacity!”
 砲台の出力が限界突破!

”Stop that! You will damage my turrets!”
 やめたまえ!砲台が傷つくではないか!

”Raise your what?”
 髪型が何だって?

”This behaviour is highly inefficient!”
 非効率すぎる!

”Testing in progress!”
 実験は順調だ!

”This calls for a prototype!”
 プロトタイプが必要だな!

”I’ve applied the formula for success!”
 勝利の方程式を適用した!

”Mind your vectors!”
 ベクトルに気をつけたまえ!

”I require my adjustable reverse-ratcheting magnetic box wrench!”
 調節式電磁リバースラチェットボックスレンチが必要だ!

”Stand back! I am about to do... science!”
 下がりたまえ!これから科学を行う!

”They'll have a few screws loose by the end of this!”
 頭のネジを抜いてやるぞ!

”This will put a wrench in their plans!”
 計画倒れに追い込んでやる!

Movement編集

”The cosine of U-root, divided by…”
 ルートUのコサイン割ることの……。

”Hmm... very interesting!”
 うーん、実に興味深い。

”I could do that better.”
 改善の余地ありだ。

”Order, entropy; a never-ending cycle.”
 秩序と混沌。無限のサイクル。

”I concur!”
 同意する!

”Yes, yes, hurry, I have important work to get back to!”
 急いでくれ、帰って研究の続きをせねばならん!

”Hmm... let me fix that.”
 うーん……私が直してやろう。

”Wonderfully efficient!”
 素晴らしい効率だ!

”Goggles on!”
 ゴーグル装着!

”By my calculations…”
 私の計算では……。

”Did I leave the Tridyminiumobulator on?”
 スイッチを切り忘れたかもしれん。

”Just as I hypothesized!”
 仮説通りだな!

”Aha!”
 ほほう!

”How befuddling!”
 なんと理解しがたい!

”I put the scheme in schematic!”
 作戦を設計しよう!

”What an uncommon denominator!”
 残念、最大公約数ではなかった。

”Back to the drawing board!”
 黒板から出直せ!

”Aha, 42, I knew it! Now - er, what was the question again?”
 うむ、やはり42だ! はて、設問は何であったか……。

”42... there's just something about that number.”
 42……この数字には何かあるはず。

”I do love a good conundrum.”
 なぞなぞは大好きだ。

”Every problem solved is another revealed.”
 疑問が解けるたび、新たな疑問が湧く。

”One step closer to greater understanding!”
 世紀の大発見に一歩前進である!

”Fascinating, isn't it?”
 実に興味深い。

”Not enough variables... hmm... not nearly enough variables.”
 かなり……いや絶対的に変数が足りん。

”Order, entropy; a never ending cycle. Or is it?”
 秩序と混沌。無限のサイクル……いや、有限か?

”Brain over brawn!”
 知は力に勝る!

Joke編集

”Why do chemists call helium, curium, and barium 'the medical elements'? Because, if you can't 'helium' or 'curium', you 'barium'! Hm hm!”
 宗教家たちの連中ときたら信ジルコニウムは救われルテチウムと言うが、頭がイットリウムだとしか思エントロピーだな、けしかランタン。オスミウムだ!ハハッ!

”Why do people say 'you can't trust atoms'? Because they 'make up everything'! Hehe!”
 原子など存在しないという者もいる。科学の世界では彼らを「原子人」と呼ぶ!ハハッ!

”There are three key ingredients to invention: excessive imagination, good old fashioned stick-to-it-iveness, and a rocking good hairstyle!”
 偉大な発明には3つの重要な要素がある。過剰な想像力、ド根性、そしてブッ飛んだヘアスタイルだ!

Taunt編集

”I prefer a battle of wits, but you're unarmed!”
 頭脳戦は好きだが、君が相手ではな。

”Don't worry, you can learn so much from failure.”
 案ずるな。失敗から学ぶことも多い。

Taunting an enemy Jayce編集

”Ah, Jayce. Mind if I borrow some of your 'hexpertise’?”
 ああ、ジェイス。君のヘクステック技術を借りたいのだが。

Taunting an enemy Vel'Koz編集

”I don't agree with your methods, but by golly, do you get results!”
 そんな不完全な方法で結果を出すとは驚きだ!

Taunting an enemy Vi編集

”Groundbreaking hextech innovation employed in the service... of punching.”
 君は革新的ヘクステック技術を用いた……パンチングマシンだな。

Taunting an enemy Viktor編集

”If you seek to replace all humans, there will be no one left to appreciate your work.”
 全人類を機械化したら、誰も君を評価してくれんぞ。

Taunting an enemy Ziggs編集

”Have you considered making quieter hexplosives?”
 もっと静かなヘクスボムはないのかね?

”Your hexplosives are disturbing my research.”
 君のヘクスボムは研究の邪魔だ。

”Would you mind taking your hexplosives elsewhere?”
 ヘクスボムはよそへ持って行きたまえ。

Upon using H-28G Evolution Turret編集

”Hmm, it's smaller than the diagram.”
 うーん、想定より小さいな。

Upon using H-28Q Apex Turret編集

”It's gone mad!”
 もう止めても遅いぞ!

”Rise, my creation!”
 目覚めよ我が創造物!

Upon using Hextech Micro-Rockets編集

”Ah, the sweet smell of science!”
 おお、かぐわしき科学の香り!

Upon using Hextech Rocket Swarm編集

”No, not all the rockets!”
 これで全部ではないぞ!

”Perhaps I should try more rockets!”
 ロケットを増やしてみるか!

Upon using Improved Recall編集

”Come on... nngh...?! WAAAAA-“
 フーンフフーン。ん?あれ?変だな?ここは……とと、うわぁーっ!

スキン&スクリーンショット編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki