FANDOM



Jinx

Jinx the Loose Cannon(CV:上坂すみれ)

Role:Marksman,N/A
Release:2013/10/10
Update:v6. 1
PriceIpPoints 6300 RpPoints 975

Attack■■■■■■■■■
Defense■■
Ability■■■■
Difficulty■■■■■■

ステータス

体力:518 – 1912
回復力:5.8 – 14.3
マナ 246 – 1011
マナ回復:6.7 – 23.7
射程:525

攻撃力:58 – 99
攻撃速度:0.625 – 0.731
物理防御:22.9 – 82.4
魔法防御’’’:30 – 30
移動速度’’’:325

Jinx 0

PassiveGet Excited!ー超エキサイティン!ー

Jinx Passive

ジンクスがダメージを与えたチャンピオン/タワー/インヒビターが、3秒以内に死亡または破壊されるとジンクスの移動速度と攻撃速度が大幅に上昇する (重複可)。

概要

QSwitcheroo!ースイッチング!ー

JinxQ

スキルを使用するたび、ジンクスの通常攻撃が「パウパウガン」 (ミニガン) と「フィッシュボーン」 (ロケットランチャー) の間で切り替わる。「パウパウガン」で敵を攻撃し続けると攻撃速度が上昇する。「フィッシュボーン」は射程が長く、範囲ダメージを発生させることができるが、通常攻撃速度が低下し、マナを消費するようになる。

概要

コスト: ロケット1発につき20マナ 射程: 自身 クールダウン: 1秒

WZap!ーシビレーザー!ー

JinxW

ジンクスが電撃を放ち、最初に命中した敵に物理ダメージを与える。さらに2秒間、移動速度を低下させ、視界が晴れる。(ステルス状態の敵には無効)

概要

Cost: 50/60/70/80/90マナ Range: 1450 CD(s): 10/9/8/7/6

上昇値
移動速度低下
スキルLV 1 2 3 4 5
30% 40% 50% 60% 70%
上昇値
マナ
スキルLV 1 2 3 4 5
50 60 70 80 90
上昇値
クールダウン
スキルLV 1 2 3 4 5
10 9 8 7 6

EFlame Chompers!ーパックンチョッパー!ー

JinxE

ジンクスが「パックンチョッパー!」を3個投げる。トラップが起動後に敵チャンピオンが触れると爆発し、1.5秒間対象をその場でスネア状態にする同時に周囲にいる敵に魔法ダメージを与える。 なお、この「パックンチョッパー!」は5秒後に自動的に爆発する…。

概要

コスト: 50マナ 射程: 900 クールダウン: 24/22/20/18/16

上昇値
魔法ダメージ
スキルLV 1 2 3 4 5
80 135 190 245 300
クールダウン
スキルLV 1 2 3 4 5
24 22 20 18 16

RSuper Mega Death Rocket!ースーパーメガデスロケット!ー

JinxR

ロケットを発射後、1秒かけてダメージが上昇する。ロケットが敵チャンピオンに命中すれば爆発し、物理ダメージを与え、さらに命中した敵の失った体力分の割合に相当する物理ダメージを与える。周囲にいる敵は80%のダメージを受ける。

概要

コスト: 100マナ 射程: 25000

上昇値
物理ダメージ(+10%~100% 追加物理ダメージ)
スキルLV 1 2 3
25/250 35/350 45 /450
物理ダメージ
スキルLV 1 2 3
25 30 35
魔法ダメージ
スキルLV 1 2 3
80 135 190
クールダウン
スキルLV 1 2 3
90 75 60


Jinx(ジンクス)はRiot Gamesが開発したゲームLeague of Legendsに登場する架空のキャラクター。

ストーリー編集

原文編集

Jinx lives to wreak havoc without a thought for the consequences, leaving a trail of mayhem and panic in her wake. A manic and impulsive criminal, she despises nothing more than boredom, and gleefully brings her own volatile brand of pandemonium to the one place she finds dullest: Piltover. With an arsenal of deadly toys, she unleashes the brightest explosions and loudest blasts - all the better to shock and surprise the hapless authorities. Always just out of the law's reach, Jinx's favorite game is to toy with Piltover's finest - especially Vi.
Piltover had long been known as the City of Progress, a place where peace and order reigned. That serenity was challenged when a new kind of criminal arrived, the likes of whom had never been seen. This mysterious outlaw unleashed a series of warped and destructive capers that endangered the entire city, and left its people reeling from the worst crime spree in Piltover's history.
As the string of crimes without rhyme or reason hit the city, sightings of the lawbreaker emerged. Though the young woman's origins were a mystery, some saw traces of Piltover hextech in her firearms, while others described the street fashions of Zaun in her dress. Because her arrival always brought trouble with it, those who crossed her path soon gave her a name: Jinx.
As Jinx's rampage escalated, Caitlyn - the sheriff of Piltover - responded by declaring a state of emergency and organizing a city-wide manhunt. In typical Jinx fashion, the criminal marked the Piltover treasury, the city's most secure building, with a direct challenge to its most abrasive officer. With a caricature of Vi's face splashed across the treasury's facade, and a scribbled time and date of her supposed raid, Jinx was openly daring the enforcer to stop her from robbing it.
Determined to put the troublemaker behind bars, Vi watched and waited outside the treasury until Jinx's time had finally come. True to her scrawled promise, the smiling menace showed her face. Knowing this was her chance to capture the outlaw, Vi gave chase into the building's interior. She smashed through wall after wall to chase down Jinx, who giggled as she lit up the evacuated treasury with fiery explosions. Vi finally cornered the criminal inside the vault, but Jinx wasn't done just yet. With a maniacal laugh, she fired a barrage of rockets, bringing the entire building down upon them both.
When Vi finally crawled out of the ruins, the battered enforcer found no trace of Jinx. Adding insult to injury, not a single ounce of gold had been taken from the ruined vault. Instead, the criminal left a parting message to her favorite officer of the law - a challenge only now visible through the gaping opening in Piltover's skyline. The lights of the city spelled out a simple taunt: you'll never catch me. As Vi read the message, she heard the distant laughter of her new nemesis, and the city plunged into utter darkness for the very first time.
Oh look - I'm opening my box of care! Oh wait - it's empty!
-- Jinx

日本語訳編集

ジンクスの生き方、それは後先考えずに暴れ回ること。彼女の背後には破壊と混乱の跡だけが残される。ハイテンションで常に衝動に突き動かされるジンクスは、何よりも退屈が大っ嫌い。だからこそ、彼女が退屈の極地と考えているピルトーヴァーに対しても、硝煙と破壊と混乱を巻き起こすのだ。キケンなオモチャで武装した犯罪者ジンクスは、ド派手で騒々しい爆発を巻き起こしては不運な権力者たちを震撼させて大喜び。常にギリギリで司法の手から逃れ続けているジンクスが今一番ハマっている遊びは、ピルトーヴァー最強の警官たち――特にヴァイをおちょくることである。
古来より「進歩の都 」として知られる、平和と秩序が支配する街ピルトーヴァー。その静寂を破ったのは、過去に類を見ない、まったく新しいタイプの犯罪者だった。この謎の無法者は、常軌を逸した破壊的な「悪ふざけ」によって、街全体を危険に陥れた。ピルトーヴァー史上類を見ない連続犯罪を前に、市民たちは震えあがった。
理解不能でハチャメチャな犯罪が続発する中、犯人に関する目撃情報がちらほら現れ始める。目撃された若い娘の正体はいまだベールに包まれていたが、あの武器にはピルトーヴァーのヘクステック技術の特徴が見られるだの、あの恰好はゾウン市民を思わせるなどと訴える者も出始めた。そして彼女が現れるたびに一大騒動が巻き起こることから、人々はこの厄介者をジンクス (縁起の悪い者) と名づけたのだった。
ジンクスの暴れっぷりに拍車がかかると、ピルトーヴァーの保安官ケイトリンは非常事態を宣言。ジンクスを逮捕するために街中をしらみつぶしに捜索した。当のジンクスは、この動きに彼女らしい方法で反応した。なんと、ピルトーヴァーでもっとも警備が厳重な、国庫こと財務省に狙いを定め、とりわけ目の敵にしている警官に、直接挑戦状を叩きつけたのである。それも、財務省の玄関先に、襲撃日時とともにヴァイの顔のラクガキを残していくという方法で… それはジンクスから法の番人たちへと贈られた、大胆不敵な犯行予告であった。
この厄介娘を牢屋にぶち込むべく、ヴァイは財務省の外側で見張りに立ち、予告時間が訪れるのを待った。そこへ、微笑みの悪魔は殴り書きされた時刻どおりに現れた。ここが年貢の納めどきだ、と言わんばかりに財務省に突入したヴァイは、壁という壁をぶち破りながらジンクスを追った。一方のジンクスは、職員が避難して人っ子一人いなくなった財務省の内部で、ケラケラと笑いながら次々と炎を放っていく。やがて金庫の中へと追い詰められて逃げ場を失ったジンクスであったが、それでもなお観念しようとはしなかった。次の瞬間、彼女はゾッとするようなニタニタ笑いを浮かべ、ロケット弾をメチャクチャにぶっ放しだしたのだ。金庫の天井は音を立てて崩落し、瓦礫が二人の上に降り注いだ。
残骸と化した建物から辛うじて這い出すことができたヴァイだったが、憔悴しきった彼女の目にジンクスの手がかりは何一つ見つからなかった。おまけに破壊された金庫から黄金は一つも盗まれておらず、代わりに怪盗はお気に入りの遊び相手へ別れの挨拶を残して姿を消していた。ピルトーヴァーの街並みに切り取られた夜空に、映し出された明確な挑発のメッセージ――「アンタなんかには捕まらないヨ!」 そのメッセージを見つめているヴァイの耳に、遠くから、今や宿敵となったジンクスの高笑いが聞こえてきた。それはピルトーヴァーが初めて経験する、闇の時代の始まりだった。
「見て見て! この箱の中にはアタシの愛がぎーっしり詰まって… ない!残念! 空っぽでした、キャハハハハハハ!」
-- ジンクス


セリフ編集

Upon selection編集

"Rules are made to be broken... like buildings! Or people!"
 ルールはぶっ壊すためにあるんだよ……建物や人のようにね!

Attacking編集

"Stay still! I'm trying to shoot you!"
 じっとしてて! アンタを撃とうとしてるんだから!

"I'll give you to the count of - time's up!"
 カウントダウンをしてあげるーーあっ時間切れ!

"Duck! Hehe, just kidding, that won't help."
 しゃがんで! アハハ、ただの冗談だよ、しても無駄だもん。

"Gotta' die sometime!"
 いつかは死ななきゃね!

"Smile! It's called gun play."
 笑って! 銃でのお遊びなんだから。

"Any last words? Ha! No, just die."
 最後の言葉はある? キャハハ! ダメね、普通に死んじゃえ。

"Seriously, screaming helps... not at all."
 まじめな話、叫べばどうにか……ならないねー。

"No need to be scared - or alive."
 怖がる必要はないよーー生きる必要もないしさ。

"You're starting to bore me."
 アンタ退屈になってきたよ。

"I accidentally did that on purpose."
 アタシは意図的に偶然ああしたんだもん。

"You're my favorite waste of bullets."
 アンタはアタシのお気に入りの銃弾捨て場だよ。

"You're not laughing."
 アンタ笑ってないよね。

"Tcha-tcha-tcha-tcha!"
 チャチャチャチャ!

"Katchoo!"
 アチョー!

"Everybody, panic!"
 みんな、パニックになれ!

"I feel like I forgot to shoot something..."
 何かを撃ち忘れてる気がするなー……。


Movement編集

"Let's just behave... said no one, ever."
 お行儀よく……って誰も言った事ないよね、今まで。

"Wait, I'm thinking! Urgh... how do people do this?"
 待って、アタシ考えてるんだから! ううん……考えるってみんなどうやってのかな?

"I'm trying to care but I just can't!"
 人の心配しようとしてるんだけど出来ないの!

‘’’”Jinx? Stands for Jinx! Durr."
 Jinx? Jinx(凶兆)の意味よ! ダァー。

"Whatever, let's just start shooting!"
 何にしても、とりあえず撃ち始めようよ!

"Now where was I? Oh, right, wreaking havoc!"
 今アタシどこにいるんだっけ? えーっと、そうそう、破壊の現場だ!

"Hold on! I'm about to say something really cool!"
 待ちなさい! 今アタシ何かとってもクールな事言おうとしてるんだから!

"Ask me if I'm listening! Hint: I'm not!"
 アタシが話を聞いてるか尋ねてみてね! ヒント:「アタシ聞いてないよ」!

"I don't even think once about blowing stuff up!"
 物を吹っ飛ばす前に考えをめぐらす事なんか一度だってないよ!

"'She's such a loser, always ready to cry!' T-t-t-ta!"
 「ヤツは負け犬、いつも泣きそう!」タッタッタッター!(註:Viのログインミュージックの替え歌)

"You think I'm crazy? You should see my sister!"
 アタシが狂ってると思うの? アタシの姉貴を見るべきだよ!

"I have the best intentions!"
 アタシはサイコーの目的を持ってるんだから!

"I'm wearing lots of belts! For no reason at all."
 アタシいっぱいベルトを巻いてるわ! 全然理由は無いよ。

"Bullets!"
 たーまやー!

"Who needs reasons?"
 理由なんて誰が要るっていうの?

"I'm crazy! Got a doctor's note."
 アタシ狂ってるよ! お医者さんから証明書もらったもん。

"All part of the plan I've just made up!"
 全ては今作った計画通り!

"What if I had a gun that shot other guns?"
 もしアタシが他の銃を撃てる銃を持ってたらどうなっちゃうのかな?

"Aww, c'mon, what's the worst that could happen?"
 あららー、ちょっとねー、起こりえる最悪の事態って何かしらー?

"I really need a new gun. But don't tell my other guns."
 新しい銃がマジで必要だわー。アタシの他の銃に言わないでね。

Upon using Zap!編集

"Zap!"
 ビリビリー!


Upon using Zap! while using Mafia Jinx編集

"Drink up!"
 一杯どうぞー!

"Pop the cork!"
 コルクがポーン!


Upon using Super Mega Death Rocket!編集

"Drink up!"
 一杯どうぞー!

"Pop the cork!"
 コルクがポーン!


Joke編集

(Fishbonesロケットランチャーと会話しながら) "Hey Fishbones, should we blow something up? 'You might inconvenience people and hurt their feelings.' Grr, you're the worst weapon ever!"
 ねえFishbones、私達何か吹っ飛ばした方がいいかな?「人々に迷惑をかけて感情を傷つけちゃうかもしれないよ」ああんもう、アンタは今までで最悪の武器よ!

"Fishbones, you know we oughta' do? 'Do the laundry, wash dishes and pay some bills.' Stupid dumb rocket launcher."
 Fishbones、私達何しようとしてるんだっけ? 「洗濯をして、お皿を洗って領収書を払うんだよ」バカでグズなロケットランチャーね!

"Hey Fishbones, think we can wreak havoc forever? 'No, you should buy a home and save for retirement.' You know I can replace you, right?"
 ねえFishbones、私達いつまでも破壊が出来るのかな? 「無理だよ、家を買って引退後のために貯金するべきだよ」ねえ、アンタの代わりはいるって事知ってるよね?

"Maybe we should settle down and live peaceful lives. 'Really? I always hoped one day you'd-' Haha, nope! You're a death machine for life!"
 ひょっとしたら私達どっかに落ち着いて平和な人生を送るべきかもね。「本当かい? ボクの願いはキミがいつの日かーー」アハハ、ウッソー! アンタは一生デスマシーンなのよ!


Taunt編集

"Guns don't kill people. I mean, until you shoot them. Then they kill everything!"
 銃が人を殺すんじゃないよー。まぁ、撃たないうちはね。撃てばなんでも殺せるよ!(アメリカの銃規制反対論者のスローガン、"Guns don't kill people. People kill people"をもじったもの。)

"I'm bringing guns to the knife fight! Hehe."
 ナイフでの戦いに銃を持ち込んじゃうもんね! エヘヘ。

"Say hello to my friends of varying sizes!"
 アタシのいろんなサイズのお友達に挨拶しなよ!

"Three guns means never having to say 'I'm sorry'."

 三つの銃は「ゴメンナサイ」って言う必要が絶対無いって意味だよ。

Taunting Caitlyn編集

"Welcome to Snoresville, hat lady! Population: you."

 いびき村にようこそ、帽子おばさん! 住民は:アンタ。

"But where are your other guns, hat lady?"

 それにしてもアンタの他の銃はどこなのよ、帽子おばさん?


Taunting Vi編集

"You're gonna chase me, fat hands?"

 アタシを追うつもりなの、デブなお手々ちゃん?

"Vi stands for stupid!"

 Viはバカって意味よ!

"I'm over here, fat hands!"

 アタシはここにいるわよ、デブなお手々ちゃん!


Upon surviving Caitlyn's Ace in the Hole編集

"That really hurt... my feelings."
 それマジで痛かったわ……アタシの気分にとってだけど。

"That was almost not close at all!"

 それもう少しで全然惜しくなかったんだからね!


Upon casting recall編集

"Three, forty-one, nine and lift off!"

 3、41、9で打ち上げだー!

"I'll be right back! No one die screaming without me!"

 アタシすぐにでも戻るかんね! 誰もアタシのいない所で叫びながら死なないでね!

Upon dying編集

"Aw, they... got me."

 ウウッ、ヤツら……アタシを捕まえたわ。


Special編集

スキン&スクリーンショット編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki