FANDOM


Malphite(マルファイト)の説明。

ストーリー編集

原文編集

There is a world of perfect harmony, where all are part of the whole. The Monolith is the essence of all creation, and its denizens are but singular pieces of it. It is beautiful in its symmetry, and in its almost complete lack of uncertainty. The rocky beings that live there know their place and work to fulfill their duties to the fullest extent, functioning almost as a superorganism or hive. Malphite has always strived to live up to his full potential, as his own personal part of the whole, serving the role of a distinguished creature questing to enforce his people's flawless vision of order.
One day, without warning, a dimensional rift opened, and he was summoned across the cosmos to the world of Runeterra. The transition was painful and terrifying for him, as he was cut off from the song of his people and the Monolith - things that had been ever-present in him since the day he was born. He raged, trapped in the Summoning Circle, as those who had called him made their plea. Runeterra was a world that had nearly been consumed by its disharmony. It was a world that needed champions to bring order out of chaos. It was to that end that the rock-creature was summoned, so that he could aid them in this quest. Looking past his own fear and apprehension, Malphite could see that this was a respectable goal, and one in which he could participate - perhaps uniquely so. Today, as part of the League of Legends, he hammers those who would seek to upset Valoran's movement toward order, especially turning his attention to those that wield chaotic magic. Unfortunately, Malphite has also begun to change, as he has been forced to face his own profound loneliness among the world's vibrant individuality.
"Beware, minions of chaos! The Shard of the Monolith has come."

日本語訳編集

この宇宙のどこかに、完璧な調和をなす世界が存在する。モノリスと呼ばれるその世界では、すべては全体の一部である。それは万物の根源であり、そこに暮らす存在たちは、皆モノリスを構成する一要素にすぎない。すべてが均衡を保ち、不確実なものはないに等しい美しい世界であった。そこに住まう岩状の生き物たちは、自らの立場を理解し、己の役割を最大限に全うすることに努める。その様子はまるで、ハチやアリの巣といった超個体さながらである。マルファイトもまた、モノリスを構成する一つの要素として、自らのポテンシャルを最大限に発揮することに注力し、そこに暮らす者たちが共有する完璧な秩序感に基づき、調和を維持しつづけられるよう追求する有用な存在であった。
ところがある日、なんの前触れもなく次元の裂け目が開き、マルファイトは宇宙の彼方よりルーンテラの世界へと召喚された。それは彼にとって苦痛であった。モノリスからも、仲間たちの奏でる調べからも引き離されたマルファイトは、生まれてからずっと己の中にあった存在を奪い取られる痛みと恐怖に震えた。魔方陣にとらわれ猛りくるうマルファイトを、彼を呼び出した者たちは懸命に説得した。ルーンテラは今にも不調和に飲まれつつある世界であり、この混乱に満ちた地に秩序をもたらすには、チャンピオンと呼ばれる者たちに頼る必要がある。マルファイトを呼び出した者たちは、まさにこのために彼に協力を求めたのだった。恐れと不安に震えながらも、マルファイトは彼らの要求を尊重すべきものと感じた。更に、それならば彼も――恐らくは彼にしかできない形で――手伝うことのできる使命だと判断したのだ。こうしてマルファイトはリーグ・オブ・レジェンドのチャンピオンとなり、ヴァロランに秩序をもたらす流れを乱す者、特に、混沌の魔術を弄する者たちに鉄槌を下している。しかし、残念なことにマルファイトもまた変化し始めている。ヴァロラン中から集まる個性豊かな面々に囲まれ過ごす内に、彼は己の深い孤独を自覚してしまったのだから。
混沌のしもべよ、覚悟せよ! モノリスのひとかけここに在り!

セリフ編集

Upon selection編集

"Rock solid."
任せておけ

Attacking編集

"Smash!"
潰す!
"Hurt!"
食らえ!
"Kill."
殺す。
"Die!"
死ね!
"Pain!"
邪魔だ!
"Stay down!"
失せろ!

Movement編集

"Ok."
おーけー。
"Sure."
分かった。
"Uh-huh."
ああ。
"Got it."
そうか。
"Yes."
よし。
"Going."
いく。
"I'm moving as fast as I can."
これが全速力だ。

Joke編集

"Caught between a rock... and a hard place."
石頭とよく言われる。頭以外も石だがな。 

Taunt編集

"You will lose."
お前の負けだ。

Special編集

スキン&スクリーンショット編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki