FANDOM


Malzahar(マルザハール)の説明。

ストーリー編集

原文編集

Many men have gone mad beneath the glare of the Shurima sun, but it was during the night's chilling embrace that Malzahar relinquished his sanity. Malzahar was born a Seer, blessed with the gift of foresight. His talent, though unrefined, promised to be one of Runeterra's greatest boons, but destiny plotted him another course; his sensitivity to the roiling tides of fate allowed other, unwelcome things to tug at his subconscious mind. In his dreams, where the veil of separation is thinnest, a sinister thing beckoned. For some time, Malzahar was able to resist its prodding, but with each passing night the voice grew louder, or perhaps deeper, until he could withstand the call no more.
He ventured into the desert without supplies, drawn by the lure of a specious charm. His destination: a lost civilization to the east, known to ancient texts as Icathia. Few believed such a place ever existed, and those who did were certain that the sands had long since devoured whatever remained. When Malzahar's cracked feet finally failed him, he found himself kneeling at the base of a bizarre crumbling obelisk. Beyond it lain the alien geometry of a ruined city and the giant decaying idols of dark and horrific gods. His eyes, seeing what others cannot, and what none should, were filled with the essence of the Void. His once shifting visions of the future were replaced with the immutable promise of Valoran beset by creatures of the Void. Standing alone, but not alone, amidst the echoing dunes, he noticed the familiar voice escape his own lips in a parched rasp, bearing three words whose weight trembled his knees: League of Legends. Now infused with the power of the void itself, Malzahar set off to the north to seek his fate.
"The land may melt, the sea may swell, the sky may fall... but they will come!"
― Malzahar

日本語訳編集

シュリーマ砂漠に容赦なく照りつける太陽の光を浴び、正気を失った者は数知れない。しかし、マルザハールという男が理性を放棄したのは、夜の冷たい抱擁の中でのことだった。生まれつき予言の才能に恵まれていたマルザハールは、修練の余地こそあったものの、いずれルーンテラの民に多大な恩恵をもたらすであろうと思われていた。しかし非情なる運命は、彼に別の道を用意した。荒れ狂う運命の波音さえも鋭敏に捉えることのできる彼の精神は、あろうことか招かれざる者達の声も聞き入れてしまったのである。現実との境が最も希薄になる夢の中で、邪悪な存在はこの繊細な予言者を執拗に招きつづけた。最初の内は抵抗できたマルザハールであったが、夜ごと大きく、あるいは深くなる声についには耐えきれなくなり、ある夜、とうとう呼びかけに応じてしまったのである。

抗いがたい力に引き寄せられるように、マルザハールは水も食料も持たず砂漠に足を踏み入れた。彼が目指したのは、古代の文献に「イカシア」の名で記される、東方の失われた文明の地だった。イカシアが実在することを信じる者はごくわずかだったが、そういった者たちでさえ、遺跡は遠い昔に砂に埋もれたと確信していた。やがてマルザハールのひびわれた足が力尽き、ついに膝をついたとき、彼の眼前には崩れかけた奇妙なオベリスクがあった。その先に視線を移した彼が見たものは、この世ならぬ幾何学によって構成された異様な都市の残骸と、風化したおぞましき神々の巨大な神像だったのである。その時マルハザールの目、常人には見えぬモノを視る、そして見てはならないものすら視てしまうその眼は、「虚無」のエネルギーで満たされた。かつてはさまざまに形を変える未来を見ていた彼の幻視力は、これ以降、「虚無のものどもに破壊されるヴァロラン」という避けられぬ運命を見せつけるばかりとなった。人の気配のない砂丘に立ちつくすマルザハールの口から、聞き慣れたあの声が乾ききった不快な音となって漏れ、「リーグ・オブ・レジェンド」という三つの単語をつぶやいた。その言葉の重さに、マルザハールの膝は震えた。彼はもはや、独りではなかった。こうして虚無の力を体内に宿したマルザハールは、自らの宿命に直面すべく、北を目指したのだった。

「大地が溶け、海があふれ、空が落ちようとも… ヤツらは必ずやってくる」
-- マルザハール

セリフ編集

Upon selection編集

"Oblivion awaits..."
 忘却が待ち受けている……。

Movement/Attacking編集

"We demand sacrifice."
  生贄が必要だ。

"At once."
  すぐに向かおう。

"Icathia beckons."
 "Iathia"が誘う。

"Second sight ordains it."
  全て見えている。  

"We are timeless."
  我らは永遠だ。

"Without question."
  問題ない。

"In due course."
  いずれには。

"Do not challenge fate's will."
  運命に抗うな。

"Inevitable."
  必然だ。

"It is done."
  やったぞ。

"Their time is short."
  時間が無い。

"As was foreseen."   予想の範疇だ。 

"It is in motion."
  向かっている。

"Mortality is weakness."
  死を免れない人類は惰弱だ。

Joke編集

*burps* I think a Voidling just came out."

 *げっぷ* "Voidling"が出ていったな。(虚無と気体のげっぷ、VoidlingとVoidingを掛けた汚い二重ジョーク)

Taunt編集

"Bow to the void! Or be consumed by it!"

  "void"におじぎをするのだ! さもなければ貪られるだろう! "Come mortal, witness your demise!"

  死すべき人よ、お前の死に様を見届けてやろう!

スキン&スクリーンショット編集