FANDOM


Nocturne(ノクターン)はRiot Gamesが開発したゲームLeague of Legendsに登場する架空のキャラクター。

ストーリー編集

原文編集

Before Nocturne, people believed that dreams were figments of their imagination, meaningless images that flashed through the mind when one slept. This belief was put to the test when a rash of sleep-related incidents started afflicting summoners of the League. Some would wake up screaming, terrified and beyond consolation. Some could not fall asleep, slowly going mad as the nights ticked by. Some simply never woke up. Physicians were baffled until a Field Architect happened to pass out next to a nexus on Twisted Treeline. Witnesses said he cried out once and then stopped breathing. Immediately after, magical energy arced out from the nexus, and Nocturne appeared.

Nocturne did not take his introduction to this world kindly. He slaughtered everything he could find before summoners were able to magically confine him. After a period of intense study, League experts divined that Nocturne hunted summoners in their sleep, attacking them in a place where their magic was useless. This seemed to be his only purpose. The families of the victims demanded justice, but League officials were concerned that death might only return Nocturne to the place from which he came. They bound him to a nexus fragment, trapping him in the physical world. As punishment for his crimes, they allowed summoners to call upon Nocturne in the League matches, bending his will to the summoners he hates and creating his own personal nightmare. League scholars don't know whether he truly came from the plane of dreams, or whether there are any more like him. Some theorize that the summoning act affected summoners' subconscious minds, luring Nocturne to them in their sleep. Perhaps the most disturbing theory is that Nocturne is a person's nightmare come to life. If this is true, they wonder, who is the dreamer?

The darkness is closing in...it's pitch black now...but I can still see him... - Kelvin Ma, patient #4236

日本語訳編集

ノクターンが現れるまで、夢とは空想の産物であり、睡眠中に脳内を駆けめぐる無意味なイメージの連続にすぎないと考えられていた。しかし、リーグのサモナーたちの間で睡眠にまつわる事件が多発しはじめると、こうした常識は大きく揺らいだ。心の底から恐怖を感じ、悲鳴を上げながら目覚める者もいれば、まったく眠ることができず、夜が深まるにつれて正気を失っていく者もいた。あるいはもっと単純に、眠ったきり目覚めない者も…。 医師たちは困惑を隠せなかったが、一人のフィールド設計士がツイステッドツリーラインのネクサス付近で昏倒したことをきっかけに、真相が紐解かれてゆくこととなった。目撃者によれば、この設計士は一度苦痛の悲鳴をあげると、その場で呼吸が止まったらしい。そしてその直後、ネクサスから波打つ魔力が放出され、ノクターンが出現したという。

現実世界への出現を、ノクターンは決して喜びはしなかった。彼は無差別な殺人を繰り広げたあげく、最後にはサモナーたちの手で魔法の檻に捕獲されたのであった。やがて細密な調査が行われ、リーグの専門家たちはこう結論づけた――ノクターンが睡眠中のサモナーたちを狙い、彼らの魔法が役に立たない状況で狩っていたのだと。そして、それがノクターンの唯一の目的であるらしかった。犠牲者の遺族は報復を求めたが、リーグの上層部はノクターンを処刑したところで、夢の世界に送り返すだけの結果になるのではないかと恐れた。そのためノクターンをネクサスの破片に封印することによって、現実世界に閉じ込めたのである。リーグが下したノクターンへの懲罰は、サモナーたちにノクターンの召喚を許可することだった。忌み嫌うサモナーたちに弄ばれることこそ、ノクターンにとっての悪夢になろうと考えたからだ。もっとも、ノクターンが本当に夢の世界の住人であるか、他に同じような存在がいるのかも、一切が不明である。一部の学者は、召喚という行為がサモナーの潜在意識に影響を及ぼし、睡眠中にノクターンを呼び寄せてしまったのだろうと理論づけるが、もっとも恐ろしい仮説はおそらく、「ノクターンは人間の悪夢が実体化したものである」というものだ。これがもし事実だとすれば、その夢を見ているのは一体誰なのだろうか?

「闇が迫ってくる…、今はもう真っ暗なのに…、見えるんだ…、彼が…、そこにいるのが」 - ケルヴィン・マー、患者第4236号

セリフ編集

Upon selection編集

"Embrace the darkness."
 闇を受け入れよう

Attacking編集

"Cut them from this world!"
 奴らをこの世から切り離してやろう
"Suffer eternally!"
 永遠に苦しめ
"Their twilight approaches."
 黄昏の時は近い
"The light is fading."
 光が消えゆく
"Drip drop, the sound of blood…"
 ポタリポタリと血が滴る
"Help is not coming!"
 救いは訪れぬ

Movement編集

"I sense fear."
 恐怖を感じるぞ
"Do I scare you, summoner?"
我が怖いか?」
"Are you getting tired yet?"
 もう疲れたのか?
"This place disgusts me."
この世界は虫唾が走る
"People are flames to be blotted out."
 人間など吹き消される炎も同じ
"Afraid of the dark?"
 闇が怖いか?
"Cross over."
境界を越えるのだ
"Swim in Terror!"
 恐怖に溺れよ
"Are you my nightmare, or am I yours?"
 悪夢を見ているのは我か、貴様か

Upon using Paranoia編集

"All alone…"
 オールアローン…
"Darkness…"
 ダークネス…


Taunt編集

"Bring me more fleshbags to slice up!"
 斬り刻める肉が足りんぞ!

Joke編集

"Weather forecast for tonight: dark, with a chance of pain!"
 今夜の天気予報 闇、ときどき苦痛!

スキン&スクリーンショット編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki