FANDOM



Orianna(オリアナ)はRiot Gamesが開発したゲームLeague of Legendsに登場する架空のキャラクター。

ストーリー編集

原文編集

There once was a Piltovian man named Corin Reveck who had a daughter named Orianna, whom he loved more than anything else in the world. Though Orianna had incredible talent for dancing, she was deeply fascinated by the champions of the League of Legends. This fascination compelled her to begin training to become such a champion. It is unfortunate that her sheltered, wide-eyed naivete led her to take unnecessary and dangerous chances which ultimately led to her tragic demise. Orianna's death shattered Corin, driving him into deep depression and an obsession with techmaturgy. He could not stand the void his daughter's death left in his life, so he decided to build a replacement - one that would complete Orianna's dream of joining the League. What was created is the clockwork killing machine that Corin named after his daughter. Knowing that she was destined to be a champion and seeing the way the times were changing, he created The Ball as her pet and protector. This nearly symbiotic creation uses a different type of techmaturgy, relying more heavily on electricity than clockwork.

Orianna and The Ball now fight as Champions in the League of Legends, using her sometimes misguided morality as a compass. She tries in earnest to fit in with those around her. However, no matter how hard she tries, Orianna can never be human and there is always something unnerving and alien about her. Though she attempts social interaction with other champions in the League of Legends, there are few who can get past her exotic nature. To many, it's as if there's nothing inside, that Orianna is just a soulless clockwork shell - a dangerous and deadly one at that. However, all along she remains the perfect daughter in her father's eyes.

Dance with me, my pet. Dance with me into oblivion.

日本語訳編集

かつて、コリン・レヴェックというピルトーヴァー人がいた。彼は、一人娘を世界の何よりも愛していた。彼女の名を、オリアナといった。素晴らしい踊りの才能を持ち合わせていたオリアナであったが、彼女自身はリーグ・オブ・レジェンドのチャンピオンたちに深く心酔していたという。その憧れはやがて彼女を、リーグのチャンピオンを目指す訓練へと駆り立てていった。だが悲しいことに、それは蝶よ花よと育てられた天真爛漫な少女であったオリアナを無用な危険にさらすことになり、彼女はやがて悲劇的な死を迎えてしまう。愛する娘を失ったコリンは打ちひしがれ、深い失意の中でテクマトロジーに執着するようになった。やがて、心にあいた大きな空白を埋めるかのように、彼は娘の「代わり」を創り出すことを決意したのである。そう、リーグのチャンピオンになるという娘の夢を、娘に代わって叶えてくれる存在を… 。 そして誕生したのが、オリアナという名前を与えられた時計仕掛けの殺人機械である。彼女はチャンピオンになるべくして生まれた――そう信じるコリンは、時代の変化に対応するため、オリアナを守るペットとして”ボール”をも創造した。オリアナと一心同体とも言えるボールには別種のテクマトロジーが用いられており、時計仕掛けよりも電気での駆動を重視した設計になっている。

今やリーグ・オブ・レジェンドのチャンピオンになったオリアナとボールは、時に見当違いな道徳観に導かれながらも戦い続けている。オリアナ自身は周囲に溶け込もうと奮闘しているようだが、いくら頑張ったところで人間になれるわけもなく、どこかズレていて相手を不安にさせてしまうのだ。彼女がどんなに打ち解けようとしても、大半のリーグチャンピオンは彼女の特異な在り方に戸惑ってしまうのである。彼らの目には、オリアナが心を持たない虚ろなロボット――それもとんでもなく危険な存在にしか映らないのだろう。もっとも、父親の目に映るオリアナは、今も昔も完ぺきな娘のままであるようだが。

「踊りましょう、ボールさん。私と一緒に忘却の彼方へ…」

セリフ編集

Upon selection編集

"We will kill your enemies. That will be fun"
一緒に敵を壊しましょう。楽しみですね。。

Attacking編集

"I have sharp things."
私、意外と尖ってますの

"We are as one."
私たちは一心同体です。

"Yes, I am a weapon."
ええ、私は兵器です。

"The Ball is angry."
ボールさんが怒っています

"So strange, they scream."
何故悲鳴をあげるか、不可解です。

"Why do they keep breaking?"
何故みんな、壊れていくのですか?

Movement編集

"Winding."
ネジを巻いています。

"I hear soft things."
やわらかい物の音がします。

"Motivating."
興味深いです

"We go."
行きましょう。

"This is very exciting."
とても刺激的です。

"This is a fun game."
楽しいですね

"The Ball is impatient."
ボールさんがいらだっています

"Time tick-ticks away."
チクタク、時が過ぎていきます

"Why are they running?"
何故逃げるのですか?」

On using OriannaCommandAttack.pngCommand - Attack編集

"Ravage."
 破壊。

On using OriannaCommandDissonance.pngCommand - Dissonance編集

"Pulse."
パルス。

On using OriannaCommandProtect.pngCommand - Protect編集

"Protect."
 防御。

On using OriannaCommandShockwave.pngCommand - Shockwave編集

"Throw"
発射

Taunt編集

"I know what makes them tick. I know how to make the ticking stop."
彼らが動く仕組みはわかっています。どう止めるのかも。
(ボールを持っているか持っていないかで動きが違う。)

Joke編集

"They come apart so easily. How do I put them back together again?"
彼らは簡単に壊れてしまう。もう一度動かすにはどうすれば?

"When you fall, you get right back up."
壊れても、すぐ起き上がるであります
(後ろに倒れこむ動きをするが、ボールがないと転ぶ)


スキン&スクリーンショット編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki