FANDOM


Quinn(クイン)の説明。

ストーリー編集

原文編集

Quinn and Valor are an elite ranger team. With crossbow and claw, they undertake their nation's most dangerous missions deep within enemy territory, from swift reconnaissance to lethal strikes. The pair's unbreakable bond is deadly on the battlefield, leaving opponents blind and riddled with arrows long before they realize who they're fighting: not one, but two Demacian legends.

As a young girl, Quinn shared a hunger for adventure with her twin brother. They dreamed of becoming knights, but lived a quiet, humble life in the rural borderlands of Demacia. Together they imagined triumphant battles in faraway lands, seizing glory for their king and slaying foes in the name of Demacian justice. When daydreams alone could no longer satisfy their warriors souls, they embarked on daring wilderness adventures in search of true danger. One such quest turned to tragedy when a terrible accident claimed her brother's life. Overcome with grief, Quinn abandoned her dreams of knighthood.

On the anniversary of her loss, Quinn gathered the courage to return to the scene of the tragedy. To her surprise, she found a wounded Demacian eagle at the site of her brother's death - a rare and beautiful bird long believed extinct. Quinn nursed the fledgling back to health, and as they grew up together, a deep bond formed between the two. She saw the same quality in her newfound friend that had lived within her brother, and so she gave him the name "Valor." The pair found strength in each other, and together they pursued the dream she had once abandoned.

The Demacian army had never seen heroes like Quinn and Valor. Their deadly skills quickly set them apart from their rank-and-file peers, but many still had their doubts. How could a common-born girl, even with such a powerful creature at her side, forego years of military training? Quinn and Valor proved themselves on one critical mission, tracking down a Noxian assassin who had evaded an entire Demacian battalion. When they brought him to justice, they finally earned the admiration and respect of their nation. The two now serve as living, fighting icons of Demacian strength and perseverance. Together, Quinn and Valor will stand against any threat to their beloved home.

"Most soldiers only rely on their weapons. Few truly rely on each other."
― Quinn

日本語訳編集

クインとヴァロールは精鋭のレンジャーチームだ。クロスボウと鉤爪をもって敵陣深くへと侵入し、迅速な偵察から強襲まで、危険極まりない任務を遂行する。その固い絆は戦場における最大の武器であり、たいていの敵は自分たちが何に襲われたのかも分からぬうちに目をつぶされ、矢の雨によって蜂の巣にされる。むろん、その相手がひとりではなく、ひとりと一羽のデマーシア英雄であることなど知る由もない。
子供の頃のクインは、双子の兄とともに冒険に憧れる少女だった。二人はいつしか騎士になる日を夢見、遠い異国での華々しい戦いや、王のために栄誉をつかむこと、デマーシアの正義の名のもとに敵を討つことを思い描きながら、デマーシアの辺ぴな国境地帯で、静かに慎ましく暮らしていた。ところが、根っからの戦士に生まれついてしまっていた二人は、やがて空想だけでは物足りなくなり、真の試練を求めて危険な荒野への冒険を繰り返すようになる。そんなある日、彼らの冒険が悲劇を招いてしまう。痛ましい事故によって兄が命を落としたのである。そして、深い悲しみに囚われたクインは、騎士になるという夢を捨ててしまう。
兄の死から一年が過ぎ、クインは勇気を振り絞って、再び悲劇の現場を訪れた。驚いたことに、兄が死んだその場所に、手負いのデマーシアワシがうずくまっていたのである。それは、とうに絶滅したと思われていた、美しく稀少な鳥であった。クインはその若き鳥が回復するまで手当を続け、やがて一緒に成長していくうちに、彼女と鳥の間には深い絆が育まれた。この新しい友人に亡き兄と同じ魂の在り方を見出したクインは、「勇気」の意を込めて「ヴァロール」と名づけることにした。そして互いを認め合うこのコンビは、クインがかつて諦めた夢を、今度は共に追いかけていくことを誓ったのである。
デマーシア軍にとっても、クインとヴァロールのような戦士を見るのは初めてだった。その圧倒的な戦闘能力によって、たちまち軍内で頭角を現したものの、このコンビに懐疑的な目を向ける者も少なくなかったという。いかに強力な相棒を従えているとはいえ、何年分もの軍事訓練すら受けていない平民の小娘に、一体何ができるというのだ、と。しかし、デマーシアの一個大隊ですら発見できなかったノクサスの暗殺者を追跡するという重要な任務において、クインとヴァロールはその実力を証明してみせた。この難敵に裁きを下した瞬間、祖国の称賛と敬意はついにふたりのものとなったのである。クインとヴァロールは今、デマーシアの力と不屈の精神を象徴する存在として、戦場に立ち続け、愛する祖国に降りかかるあらゆる脅威に、今日も力を合わせて立ち向かっているのである。
「たいていの兵士にとって、信じられるのは武器だけ。本当の意味で信頼し合っている者は、ほんの一握りだろうね」
-- クイン

セリフ編集

Upon selection編集

"Justice takes wing."  
正義は翼を携える。

Attacking編集

"Just like hunting thresher geese."
 thresher geeseを狩るようなものだね。
 (註:Thresher GeeseとはRunaterraに生息する猛禽類。「ストーリー」の「Bandle City」内コラム、「マザーシップの誘拐未遂」も参照)
"You get the next one, Val."
 次の奴はお前のだよ、Val。
"Still heart, steady aim."
 冷静な心、澄ました狙いってね。
"Fly swiftly... kill swiftly."
 素早く飛んで…素早く殺すんだ。
"Strike from the sky."
 空からの襲撃だ。
"Flush 'em out."
 奴らを隠れ場所から追い出すんだ。
"Look Val, snacks."
 見なよVal、おやつだ。
"Stay on the target."
 目標に張り付いていなよ。
"I'll follow your lead, Valor."
 お前の導きに従うよ、Valor。

Movement編集

"Find me a path."
 私に道を示してくれよ。
"A bird's eye view is the best advantage."
 鳥の視界が一番有利なのさ。
"We're in this together."
 私たちは共にこの仕事をしているんだ。
"Demacia is counting on us."
 Demaciaは私たちを信頼しているのさ。
"We've got this covered."
 私たちは見張ってたんだ。
"Stay alert."
 油断するなよ。
"Buy me some time."
 時間を稼いでくれよ。
"Val's stealing all the glory again."
 またValが栄光を全て盗んでるよ。
"There's always a trail."
 足跡ってのはいつでも着くもんさ。
"Sometimes I swear that bird is just showing off."
 この鳥は時々威張ってるだけなのさ、本当だよ。
"I live behind enemy lines."
 敵の前線の裏側で私は生きてるのさ。
"Stick to the plan, Val."
 計画の通りにやれよ、Val。
"We Demacians are no easy prey."
 私たちDemacia人は簡単にはやられないさ。
"Demacia needs heroes."
 Demaciaには英雄が必要なんだ。

Joke編集

(QuinnとValorが会話を始める。)
"Who's there?(quack)Jarvan who?(quack)Uh, Valor!"
 そこにいるのは誰だい?(クエッ)Jarvan何とかさんかな?(クエッ)やだな、Valor!
"Who's there?(quack)Fiora who?(quack)Valor, that's just mean!"
 そこにいるのは誰だい?(クエッ)Fiora何とかさんかな?(クエッ)Valor、それは下品だって!
"Who's there?(quack)Garen who?(quack)Yeah, I guess he does say that a lot."
 そこにいるのは誰だい?(クエッ)Garen何とかさんかな?(クエッ)うん、彼はそういう事たくさん言ってると思うよ。


Taunt編集

"I'd keep my head down if I were you."
 もし私があんただったら頭を低くしたままでいると思うよ。
"I've got friends in high places."
 私にはお高い所の友達がいるのさ。
"Valor's shadow is the last thing you'll see."
 あんたが最後に見るのはValorの影だろうね。

Upon using Quinn_Blinding Assault.pngBlinding Assault編集

"Go for the eyes!"
 目を狙え!
"Gouge 'em, Valor!"
 目をえぐっちまえ、Valor!

Upon using Quinn_Heightened Senses.pngHeightened Senses編集

"What do you see up there?"
 そこに何か見えるのかい?
"Need eyes on 'em!"
 奴らを見張れ!
"Eyes in the sky."
 天空の眼差し。

Upon using Quinn_Tag Team1.pngTag Team編集

"Now!"
 今だ!
"Valor, to me!"
 Valor、私の所に!

スキン&スクリーンショット編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki