FANDOM


Ryze(ライズ)はRiot Gamesが開発したゲームLeague of Legendsに登場する架空のキャラクター。

ストーリー編集

原文編集

There are many on Runeterra who are attracted to the study of magic or, in recent times, the emerging field of techmaturgy. For most, pursuit of such knowledge is formalized in a college or university. The halls of traditional study were never for Ryze, however, who felt a more raw and primal connection to the magic of Runeterra than those who tried to teach him. He struck out on his own as a young man to discover what already called to him. Ryze traveled the world, seeking the wisdom of powerful hermits, witches, and shamans - anyone who had something to share beyond what was taught in the city-states of Valoran. When he had learned all he could from these fonts of wisdom, Ryze turned to seek the lost, forgotten, and forbidden knowledge in the world, delving into mystical worlds where others feared to tread.

Ryze's tireless searching for magical knowledge led him to an ancient form of spellcraft known as thorn magic. This art required Ryze to tattoo spells on his body, permanently infusing his being with vast arcane power and finally fulfilling his need to bond with the mystical energies of Runeterra. His travels also led him to uncover the giant indestructible scroll he now carries on his back - the purpose of the inscribed spell remains a secret only Ryze knows. He claims it is an abomination - something that he must safeguard from the world. This has piqued the curiosity of many, though no one is sure how to separate the scroll from Ryze, or if it is possible to overcome the rogue mage to do so. Since then, Ryze has joined the League of Legends to study the magical creatures and powerful will-workers that fight there, in order to complete his exploration of mystical Runeterra.

Ryze is no longer just a mage - he has become a creature of magic itself. -- High Councilor Heywan Relivash

日本語訳編集

ルーンテラには、あらゆる魔術から新興分野のテクマトロジーに至るまで、さまざまな研究に没頭する者たちがいる。多くの場合、こうした知識の探求は大学のような高等教育機関において実践されるが、ライズにとって、こうした伝統的な学び舎は性に合わなかった。というのも、彼は教師たちより遥かに生々しく根源的なレベルで、ルーンテラに満ちる魔力との絆を感じ取っていたからである。そのためライズは若くして独立独歩の男となり、自分を魔導の道へと呼ぶ衝動の正体を突き止めるべく旅立った。世界中を巡り歩きながら、偉大な仙人、隠者、魔女、シャーマン――都市国家ヴァロランの学術機関では教えてくれない知識を持った、ありとあらゆる賢者の英知を追い求めた。それらをすべて学び尽くすと今度は、失われ、忘れられ、あるいは禁じられた知識を探し求めて世界中を訪ね歩き、他の者が恐れて近づかない神秘の領域へと足を踏み入れていった。

魔法への飽くなき探求を続けるうちに、ライズは「棘の呪法(ソーンマジック)」と呼ばれる古代の秘術にたどり着く。呪文を身体に直接彫り込むことで、計り知れない力を自らの中に永続的に取り込むというこの魔術により、ついにライズはルーンテラに満ちる神秘の魔力そのものとの合一を達成したのであった。ライズが背負っている絶対に破壊できない巨大な巻物もまた、こういった放浪の中で発見したものである。そこに記されている呪文の用途を知っているのはライズだけで、本人いわく、それ自体がおぞましい災厄であるため、世界に解き放たれないよう自らの手で守っているのだという。当然ながら興味を引かれる者は少なくないが、この巻物をどうすればライズから引き剥がせるのかは誰にも分からない。そもそも、この流浪の魔術師を組み伏せることのできる者がいるのかどうかすら疑わしいと言えよう。その後リーグ・オブ・レジェンドに参加したライズは、そこで戦う魔法生物や強力な術者たちについて研究し、ルーンテラの謎を解き明かす旅を完結させようとしている。

「ライズはもはや単なる魔法使いではない――魔法そのものが血肉を得た生命体である」 -- ヘイワード・レリヴァッシュ上級評議員

セリフ編集

Upon selection編集

"Let's go, let's go!"
 レッツゴー、レッツゴー!

Movement/Attacking編集

"Can you handle this?"
 ついて来れるかな?

"Come on already!"
 来るがよい!

"Don't hold me up"
 無駄にしてる時間はないぞ。

"Let's go, let's go!"
 さあ、行くか!

"Right back at ya!"
 お返しだ!

"Unpleasant? I'll show you Unpleasant!"
 鬱陶しいか? そうだろうとも!

"Zap!"
 腕が鳴るぜ!

Taunt編集

"Take this scroll and stick it... somewhere safe."
 この巻物をやろう……安全なところにしまうのだぞ。

Joke編集

"I got these tattoos in Rune Prison!"
 この入れ墨はルーンプリズンで入れたのだ!

スキン&スクリーンショット編集

  • デフォルト - 2009-10-27
  • ヒューマンライズ
  • 部族民ライズ - 2010-03-04
  • ライズおじさん - 2010-07-04
  • 達成者ライズ
  • ライズ教授 - 2010-10-05
  • ゾンビライズ - 2010-10-18
  • 闇のクリスタルライズ - 2012-02-20
  • 海賊ライズ - 2012-10-26
  • 白ひげライズ - 2015-12-07

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki