FANDOM



Shaco(シャコ)はRiot Gamesが開発したゲームLeague of Legendsに登場する架空のキャラクター。


ストーリー編集

原文編集

Most would say that death isn't funny. It isn't, unless you're Shaco - then it's hysterical. He is Valoran's first fully functioning homicidal comic; he jests until someone dies, and then he laughs. The figure that has come to be known as the Demon Jester is an enigma. No one fully agrees from whence he came, and Shaco never offers any details on his own. A popular belief is that Shaco is not of Runeterra - that he is a thing summoned from a dark and twisted world. Still others believe that he is the demonic manifestation of humanity's dark urges and therefore cannot be reasoned with. The most plausible belief is that Shaco is an assassin for hire, left to his own lunatic devices until his services are needed. Shaco certainly has proven himself to be a cunning individual, evading authorities at every turn who might seek him for questioning for some horrendous, law-breaking atrocity. While such scuttlebutt might reassure the native inhabitants of Valoran, it seems unimaginable that such a malfeasant figure is allowed to remain at large.

Whatever the truth of his history might be, Shaco has joined the League of Legends for reasons only he knows. He is a terrifying figure, typically shunned by both his fellow champions and the media at large. Only the summoners in the Institute of War know why such a creature was allowed into the League, but most Runeterrans suspect it to be a means that allows the power that be to keep an eye on the ever-elusive Shaco. Unsurprisingly, this champion is popular in places where madness can openly reign, such as among the power-hungry summoners of Zaun and Noxus.

"Whatever you do, don't tell him you missed the punch line."

日本語訳編集

大抵の人は、死は笑い事じゃないという。実際、笑えないものだ――君がシャコでなければ! シャコにとって、死とは狂喜そのものである。シャコは、ヴァロラン初の完全に機能する殺人ピエロであり、誰かが死ぬまで嘲り続け、そして大笑いするのだ。今や“悪魔の道化師”の名で知られるようになったこの男の素性は、謎に包まれている。出生地については諸説あり、シャコも自分の身の上については黙して語らない。よく信じられている説によれば、彼はそもそもルーンテラの住人ではなく――邪悪な異世界から召喚された怪物であるという。その一方で、シャコは人間のよこしまな欲望が生み出した魔物であり、だからこそ理屈が通じないのだと信じる者もいる。また、もっと現実的な思考をする者たちは、シャコはプロの殺し屋であり、依頼が舞い込むまでの間に好き勝手に暴れているだけだと訴える。実際のところ、シャコが狡猾な男であることは否定できない。人道にもとる罪を犯し、法の手が忍び寄るたびに、その追跡をかわしてきたからだ。シャコが人間であるのなら、ヴァロランの民も多少は安心できるだろうが、それはそれで、これほどの悪党が野放しになっている現実は想像を絶するところではある。

どれが本当の過去であれ、シャコは本人のみぞ知る理由からリーグ・オブ・レジェンドに参加した。シャコは他のチャンピオンたちから恐れられており、報道陣もシャコとの関わり合いを避けている。これほどの怪物がなぜリーグへの参加を許されたのか――本当の理由は抗争統制省のサモナーたちだけが知っているのであろうが、人々の多くは、それが神出鬼没なシャコを見張っておくための措置だろうと考えている。また、特に意外なことではないが、純粋に力を崇拝するゾウンやノクサスのサモナーたちはもとより、混沌や無秩序がはびこる地域の人々には人気の高いチャンピオンである。

「たとえ口が裂けても、ジョークのオチが分からなかったとシャコに言ってはならない」

セリフ編集

Upon selection編集

Attacking編集

Movement編集

"Here we go!"
喜んで!
"Just a little bit closer!"
こっちだよ!
"Look... behind you."
こっちだよ。
"March, march, march, march!"
ムホッ! ムホッ!ムホッ! ムホッ!
"Now you see me, now you don't!"
ここかな?どこかな?
"The joke's on you!"
お前がジョークなんだよ!
"This will be fun!"
楽しいなあ!

ほーれ騙された!
さーて。
お近づきのしるしに。
ショーの始まりだ!
お楽しみの時間だ!

Joke編集

For my next trick, I'll make you disappear!
お次の手品で、お前を消してやろう!

Taunt編集

"Why so serious?"
ほーれ倒してみろよ! これがホントのババ抜きだ!

Special編集

スキン&スクリーンショット編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki