FANDOM


Soraka(ソラカ)はRiot Gamesが開発したゲームLeague of Legendsに登場する架空のキャラクター。

ストーリー編集

原文編集

A healer gifted with the magic of the stars, Soraka holds all living creatures close to her heart. She was once a celestial being, but she sacrificed her immortality and entered the world of mortals. So long as evil threatens life in Valoran, Soraka will not allow herself peace.

Soraka lived for centuries in an enchanted grove. A being of the stars, she healed the wounded and sick that sought her out. One man called Warwick came to her grove and begged her to heal his wife, who lay lifeless in his arms. His despair touched Soraka's heart. Though it was too late to save his wife, she offered to help heal the pain of his loss. Unwilling to let go of his grief Warwick ran from the grove, but returned over the following days to hear Soraka's guidance. She began to grow attached to the grieving man. One day Warwick told her he had found the men who killed his wife. He believed revenge would heal his pain - and if he died fighting, he would at least find peace. Though she pleaded with him, Warwick ignored her and left the grove. The voices of the stars warned her not to follow him, but Soraka had to intervene.

She stepped into the mortal world for the first time, and soon found Warwick desperately fighting a group of men. She tried to heal him, but for every wound she closed, the men inflicted two more. Soraka realized that she would have to fight to save her friend. The stars screamed in her mind, telling her not to use her powers for harm. Ignoring their warning, she struck the attackers with a flash of brilliant light. Crying out in terror and shielding their eyes from her divine radiance, they fled. Soraka's celestial form faded and the stars fell silent - for her transgression, she became mortal. She still felt the power of the stars within her, but they no longer offered her guidance. She took comfort in Warwick's safety, gently healing his wounds, but the man she had called her friend slipped a dagger between her ribs. As her blood spilled, Soraka realized he had fooled her, and everything he had done was a complicated ruse. Feeling humiliated and betrayed she called once more on the power of the stars, searing his flesh and cursing his cruelty. He retreated with an agonized howl, leaving Soraka to reflect upon her fate. Though her life had changed, she felt empowered and renewed with a singular purpose. No longer bound to the grove, Soraka set out into the mortal world, vowing to heal the wounded and protect the helpless.

The cruelty of one will not blind me to the suffering of many. -- Soraka

日本語訳編集

星々の魔力の祝福を受けた癒し手ソラカは、生きとし生ける者すべてを深い慈愛で包み込む。かつて天人であったソラカは、永遠の命を手放して人間の世界に足を踏み入れた。ヴァロランに満ちあふれる生命を脅かすものが存在する限り、ソラカが自らに安寧を許す日はこない。

ソラカは何世紀もの間、魔法の森に暮らしていた。星空の住人であるソラカは、彼女を頼って森を訪れる、傷つき病んだ者たちを癒して過してきた。ある時、ワーウィックという男が森へやって来た。ワーウィックは冷たい骸を抱きかかえながら、妻の病気を治してほしいとソラカに懇願する。すでに女性を救うには遅すぎたが、ワーウィックの悲痛な訴えに、ソラカの心は揺さぶられた。そこで、ワーウィックに喪失の痛みを癒してあげましょう、と申し出た。悲しみからの解放を望まないワーウィックは、一度は森から走り去ったが、その後は毎日のように戻ってきて、ソラカの導きを乞うようになった。ソラカはこの悲しみに囚われた男に、徐々に親しみを覚えるようになった。ある日、ワーウィックは妻を殺した怨敵を見つけたとソラカに告げた。ワーウィックは復讐を果たせば悲しみは癒え、仮に命を落としても、安息を手に入れられると強く信じていた。ソラカの懸命の説得も空しく、ワーウィックは制止を振り切って森を去っていった。ワーウィックの後を追うな――星々はそう警告したが、ソラカは何かせずにはいられなかった。

人間界に初めて足を踏み入れたソラカは、男たちの一団と捨て鉢になって戦っているワーウィックを発見した。ソラカが彼の傷を塞いでも、すぐにその倍の傷ができてしまう。もはや友を救うには、みずからも戦うほかないと思われた。心の中で星々が絶叫する――癒しの力を、傷つけるために使ってはならないと。しかし警告に耳を貸すことなく、ソラカは襲撃者たちにまばゆい光の一撃を放った。男たちは恐怖におののき、神々しい光から目を庇うようにして逃げ去ったが、この時ソラカの神性は失われ、星々の声が止んだ。また、ソラカが禁忌を破ったことで、その永遠の命もまた失われたのであった。星々の力を感じることはできても、もはや道を示してくれることはなかった。せめてもの救いはワーウィックが無事だったことであったが、彼女が友と呼んでいたその男は、傷を癒そうと近づいたソラカの脇腹にナイフを突き立てた。どくどくと流れ出る血を見ながら、ソラカはようやく気づいた――自分は騙されていたのだ。すべては巧妙に仕組まれた、ワーウィックの策略だったのだ。屈辱と裏切られた悲しみのうちに、ソラカはもう一度星々の力を呼び覚まし、ワーウィックの肉を引き裂き、その残忍さを呪った。ワーウィックは悲鳴を上げながら逃げ去り、後には自らの数奇な運命に思いを馳せるソラカだけが取り残された。起きてしまったことは変えられないが、ひとつの目的を得たことで、ソラカは自分が強く生まれ変わったようにも感じていた。もはや森に留まる必要もない。傷ついた者を癒し、救いの手を差し伸べることを誓いながら、ソラカは人間の世界へと足を踏み出したのである。

「一人に裏切られたからと言って、大勢の苦しみに目をつぶることはできないわ」 -- ソラカ

セリフ編集

Upon selection編集

"Let me guide you."
 私があなたを導くわ

Attacking編集

"By the power of the stars."
 星よ、力を。

"They will know serenity."
 真の静寂を教えましょう。

"Be at peace."
 安らかに。

"Violence cannot go unanswered."
 暴力では何も解決しません。

"What must be done."
 こうするしかないのです。

"Such hatred in their hearts."
 すさまじい憎悪を感じます。

"They will go no further."
 おやめなさい。

Movement編集

"This is my path."
 これが私の道です。

"For peace of mind."
 心に安らぎを。

"Gracefully."
 慈悲の心を。

"Where am I needed?"
 私を必要としているのは誰ですか?

"I heed their call."
 癒しを求める声がします。

"Every step; a new journey."
 一歩一歩が新しい旅なのです。

"To heal and protect."
 癒し、守りましょう。

"Never waste a breath."
 急ぎましょう。

"The whole world in balance."
 森羅万象に調和を。

"I lend my aid."
 力をお貸しします。

Joke編集

"No, I'm not happy to see you. Yes, that is a horn growing out of my head."
ええ、この額から生えているのは角です。あんまりジロジロ見ていると怒りますよ?

"Yes, that was a banana. *giggles* No one expects the banana."
ええ、これはバナナなんです、ふふ。まさかと思うでしょう? でもバナナなんです。

Taunt編集

"Do you always fight so poorly?"
 その程度なのですか?

"I will not save you."
'  あなたは導いてあげません。

Using Wish編集

"For life!"
 命を!

"Stars hear me!"
 星よ、お願い!

"Live!"
 生きて!

"Have hope!"
 あきらめないで!

スキン&スクリーンショット編集

  • デフォルト - 2012-09-27
  • 森の精霊ソラカ - 2010-06-04
  • 神聖なるソラカ - 2010-11-04
  • 白魔道士ソラカ - 2013-03-05
  • 死神ソラカ - 2014-11-05
  • バナナの秩序ソラカ - 2015-04-01

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki