FANDOM


Trundle(トランドル)の説明。

ストーリー編集

原文編集

Trundle is a hulking and devious troll with a mischievous streak. There is nothing he can't beat into submission and bend to his will, not even the ice itself. With his massive, frozen club, he chills his enemies to the core and runs them through with jagged shards of ice. Fiercely territorial, Trundle chases down anyone foolish enough to enter his domain and laughs as they bleed into the tundra.

Trundle's warband once followed a foolish and cowardly chieftain. Under such a weak leader, Trundle feared he and his kin would fall prey to the other troll hordes scattered across the tundra. When his challenge to the chieftain ended in humiliation, Trundle did something that wasn't very troll-like: instead of his fist, he turned to his wits. Thinking on his hairy feet, he spun a tall tale about the troll leaders of old, claiming they wielded weapons of great power as symbols of their right to rule. Though he'd made up the story on the spot, Trundle wagered that if he could find or steal such a weapon, he would become the rightful leader of the warband. The trolls believed him, but none thought him capable of undertaking such a challenge. Knowing the boastful troll would die trying, the foolish chieftain agreed and Trundle departed to the familiar sound of laughter.
Alone but undaunted, Trundle ventured into the foreboding realm of the dreaded Lissandra Ice Witch. There, hidden among the many ancient and dangerous secrets, he hoped to find a weapon to prove his elaborate tale. He out-muscled the Ice Witch's guards and outsmarted her dark magic traps, but nothing he scavenged matched the power he'd described to his kin. Finally, he found an unexpected prize: a huge and magical club of never-melting True Ice. Grasping the weapon, he marveled at the cold power that ran through him. But then the wrathful Ice Witch herself appeared. As she summoned her dark magic, Trundle believed he had met his end, but another clever idea struck him. With a knowing grin, he offered the Ice Witch a devious proposition: a troll army, he told her, would be of much more use to her than one troll corpse...

When Trundle returned to the warband, his fellow trolls bowed to his conquest. Calling his weapon "Boneshiver," he took a moment to enjoy the look of numb shock on his chieftain's face before he caved it in. Seizing command, Trundle announced that there would no longer be chieftains - only a Troll King before whom all of his kind would kneel. The trolls rallied behind their brash, new leader and prepared for the coming war. With Trundle leading the charge, the time of the trolls had finally come.

"Outsmart anyone you can't beat, and beat anyone you can't outsmart."
― Trundle

日本語訳編集

トランドルは巨大な図体をした底意地の悪いトロールで、大いに悪ふざけを好む。彼はどんな相手でも力で抑えつけて従わせるが、それは氷さえも例外ではない。トランドルが持つ巨大な氷の棍棒は、打ち据えた敵を骨の髄まで凍えさせ、その身をギザギザの氷片で打ち貫く。また縄張り意識も異様に強く、うかつにも領土に足を踏み入れる者があれば、すかさず追いかけて制裁を加えずにはおかない。そして、凍土を血で染める犠牲者を前に、高笑いをあげるのである。

トランドルの部族はかつて、臆病で愚かなトロールを長に据えていた。族長がこんなに頼りなくては、フレヨルド中の他の部族から狙われて滅ぼされてしまう――そう一族の行く末を案じたトランドルは自ら長に挑んだが、これは屈辱的な結果に終わった。しかしこの時トランドルは、まるでトロールらしからぬ手段に出た。腕力ではなく知恵に頼ったのである。彼はとっさの機転を利かせ、「いにしえのトロールの族長たちは、民を支配する権利の象徴として、強力な破壊力を持つ武器を携えたものだ」という話をでっち上げた。もちろん思いつきの作り話だったが、トランドルはそこでさらに賭けに出た。「もしそんな武器を手に入れることができたら――あるいは、盗んでくることができたら――オレ様を一族の正当な長と認めるんだな」 トロールたちはトランドルの話を信じたが、彼にそんな偉業を成し遂げる力があろうとは誰も思わなかった。愚かな長は、「思い上がった身の程知らずはどうせ死ぬに決まっている」と高をくくり、まんまとこの賭けに乗ったのである。こうしてトランドルは、聞き慣れた嘲笑を背に浴びながら、一人旅立ったのであった。

仲間を誰一人連れず、しかし臆することもなく、トランドルは忌まわしき氷の魔女が住むという不吉な地へと足を踏み入れた。いにしえより、数知れぬ邪悪な秘密が眠りつづけるこの地であれば、でっち上げた作り話を真実に変えてくれるほどの武器が見つかるとの考えからである。氷の魔女の衛兵たちを腕力でねじ伏せ、魔女が仕掛けた魔法のワナを狡猾にもかいくぐり、トランドルは辺りをひたすら漁り続けた。ところが、同胞たちの前でぶち上げた妄言に違わぬほどの逸物は、そう簡単に見つかるものではなかった。しかしついに、思いがけない掘り出し物が姿を現す――それは、「真なる氷」と呼ばれる溶けない氷でできた巨大な魔法の棍棒だった。棍棒をつかみ取ったトランドルは、全身を冷たいエネルギーが駆け巡るのを感じて驚嘆した。だが盗人トランドルは、そこで氷の魔女に見つかってしまう。怒りの形相で闇の魔術を発動した魔女を目の当たりにして、さすがの彼も命運尽きたかと思われた。だがそのとき、トランドルはまたもや巧妙な策を思いつく。ずるがしこいトロールは不敵な笑みを浮かべながら、邪悪な提案を魔女に持ちかけた。「手に入れるんなら、トロールひとりの死体より、トロールの軍勢のほうがずっと役に立つんじゃねえかな――?」

集落への帰還を果たしたトランドルに、民は無条件で服従した。手に入れた棍棒に「骨凍え」と名付けたトランドルは、驚きのあまり茫然としている族長の顔をしばらく堪能すると、その頭蓋を叩き割った。かくして彼は、ついに支配者の地位を簒奪したのである。そして各部族の族長の職を廃止し、今後は自分一人がトロールの王としてすべての民を従えると宣言した。成り上がりの新王の下に結束したトロールたちは、来るべき戦いに備えた。武王トランドルの誕生とともに、ついにトロールの時代が幕を開けたのである。

「腕力で倒せねえ相手は、頭を使ってやり込めろ。頭で勝てねえ相手は、腕力でねじ伏せろ」
-- トランドル

セリフ編集

Upon selection編集

"Time to troll!"
 Trollの時間だぜえ!

 #Trollは日本で言う荒らしのようなスラングとしても使われる

Attacking編集

"Smashing!"
 一撃だ!

"I'll show them frostbite."
 霜焼けって物を見せてやるぜ。

"This will only hurt... a lot!"
 こりゃただ痛いだけだぜ…無茶苦茶にな!

"C'mon, entertain me."
 おいおい、俺を楽しませてくれよ。

"They crossed the wrong troll."
 間違ったトロールに出会っちまったな。

"Tonight, I'm feeling greedy."
 今晩の俺は、強欲なんだ。

"You can never bash something too many times."
 殴りすぎるって事は無いんだぜ。

"I'm gonna knock 'em dead."
 ヤツらを死ぬまでぶん殴ってやるぜ。

"Nobody trespasses in my town."
 俺の町に不法侵入するヤツはいねぇよ。

"They're ruining my good mood!"
 ヤツら、俺の良い気分を台無しにしやがって!

"Woops! Did I break something?"
 おーっと!何か壊しちまったか?

Movement編集

"I'm the troll with the plan."
 俺は計画を持ったトロールなんだ。

"Time to start an ice age."
 氷河期を始める時だぜ。

"I like my human with a bit of spice."
 俺は一癖ある人間が好きなんだ。

"The Freljord is mine!"
 Freljordは俺のものだ!

"I'm troll judge, troll jury, and execu... troll!"
 俺はトロールの判事、トロールの陪審、そして処刑……トロールだ!

"King of trolls, coming through."
 トロールの王が通るぜ。

"I'm not ugly, but they're about to be!"
 俺は醜くないが、ヤツらはそうなるぜ!

"Ohoho, they look angry!"
 うおっほっほ、ヤツら怒ってるようだぜ!

"Not troll chief, troll king. KING!"
 トロールの酋長じゃ無ぇ、トロールの王だ。王様だ!

"The trolls are going to war!"
 トロール達が戦争を起こすぜ!

Joke編集

"Have you seen this thing? Like really close."
 こいつを見た事があるか? ごく最近のようだな。

"Troll with the biggest club gets to be king. That's the rule!"
 一番でっかいクラブを持ったトロールが王になる。それがルールだ!

"It's alright Clubbems, we'll get to smashing soon."
 Clubbem(棍棒野郎)共、大丈夫だ。俺たちはすぐに殴りこみに行くからな。

Taunt編集

"I'm gonna crush your dreams... They're in your skull, right?"
 俺はテメェの夢を砕いてやるぜ……テメェの頭蓋骨の中だろ、んん?

"You got a problem with me? Join the club!"
 俺に問題があるってか? クラブのご招待だ!

"If you want me to hit you less, die sooner!"
 もし俺にあんまり殴られたくないってんなら、早く死んじまいな!
Taunting Jarvan IV
"Trollmacia!"
 トロールマシア!

Taunting Lissandra
"C'mere, princess."
 こちらへ来いよ、お姫様。

Taunting VolibearVolibear
"Whiny cub!"
 泣き虫の子熊め!

Taunting Ashe
"Run, Ashe!"
 逃げろよ、Ashe!

Taunting Leona
"Hahaha. Sunlight? Really?"
 ハハハ。日光? マジで?

Taunting Sejuani
"Squeal!"
 泣き叫べ!

Taunting Draven
"Who does this guy think he is?"
 ヤツは一体自分を誰だと思ってんだ?

 #Dravenの/jokeに対するネタ

Upon using Trundle_Frozen Domain編集

"This is troll town!"
 これがトロールの町だ!

"You're in MY kingdom now!"
 お前は今俺の王国にいるんだ!

Upon using Trundle_Subjugate編集

"Shrivel!"
 しなびろ!

"Bow down!"
 お辞儀をしやがれ!

"Pathetic!"
 惨めだな!

Upon dying編集

"But I... Troll king..."
 でも俺は…・・・トロールの王……。

スキン&スクリーンショット編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki