FANDOM


Vayne(ヴェイン)はRiot Gamesが開発したゲームLeague of Legendsに登場する架空のキャラクター。

ストーリー編集

原文編集

The world is not always as civilized as people might think. There are still those who would follow the blackest paths of magic and become corrupted by the darker powers that flow through Runeterra. Shauna Vayne knows this fact well. As a young privileged girl in the heart of Demacia's elite, her father tried to convince her of the constabulary's ever-vigilant eye. Young and naive, she truly believed that her world was one of perfect safety, until one night, when a twisted witch took interest in her father. The malevolent woman overcame her father's conciliar guard, then tortured her family before murdering them. The young Shauna escaped only by hiding herself and then fleeing once the hag had departed, plagued by the screams of her loved ones as she ran. A burning hatred was born in her that day, one that could never be denied.

Vayne was able to take care of herself using her father's money, and she began to train as soon as an instructor would have her as a student. By the time she was a fully grown woman, she had become a grim warrior. However, the fields of battle were not to be her home. Demacia needed a protector, one who hunted those lost to the darkness. Shauna used her family's contacts to become the first Night Hunter, and now her prowess is the stuff of legends. It is said that those who practice the black arts quake when they hear that the Night Hunter is on the prowl. Despite her crusade, Shauna has looked at the League of Legends in horror. There are champions who have clearly lost themselves to the blackest of magics, and who have been embraced within the League even though they should be put down for the safety of all. The time has come for the Night Hunter to execute her secret mission - to purge the League of Legends.

Not all shadows are to be feared. At least, if Vayne has her way.

日本語訳編集

この世は必ずしも、文明的な人々が思うほど安全な場所ではない。いかがわしい闇の魔術に手を染めた揚げ句、ルーンテラに満ちる邪悪な魔力に汚染され取り込まれる者も、いまだに存在する。シャウナ・ヴェインは、この事実を誰より強く認識している。デマーシアの上流階級という恵まれた環境に生まれ育ったヴェインは、幼い頃に父親から警察隊の存在を教えられ、「彼らが常に警戒の目を光らせているのだから何も恐れることはない」と言い聞かせられてきた。無垢な少女だった彼女は、自分の身の回りに危険なことなど何ひとつありはしないと心から信じ切っていた。しかしある夜、父親が邪悪な魔女に狙われ、安全だったはずの彼女の人生は一変した。残忍な魔女は父親の護衛を倒すと、ヴェインの家族をさんざんいたぶった末に殺害した。幼いヴェインは身を隠してなんとか難を逃れ、魔女が立ち去るのを待ってから家を飛び出した。逃げる彼女の耳には、肉親たちの断末魔の叫びがいつまでもこびりついていた。この日、ヴェインの胸中に消えることのない憎しみの炎が宿った。それを否定することは、誰にだってできはしないだろう。

幸い、父の残した遺産のおかげで、生きていくことに不自由はしなかった。しかし、ヴェインは十分な年齢に達すると、すぐさま教官について戦闘訓練を開始した。やがて成人する頃には厳格な戦士に成長していたが、ヴェインが目指したのは戦場ではなかった。デマーシアには、闇のとりことなった者たちを狩る守護者が必要だったのである。ヴェインは一族のつてを頼り、ルーンテラで最初の「ナイトハンター」となった。以来、彼女が築き上げた数々の武勇伝は、今ではルーンテラの民の間で語り草となっている。闇の魔術に手を染める者は、ナイトハンターが狩りを始めたと聞くだけで縮み上がると言われているほどだ。こうして悪の撲滅を目指して戦い続けているヴェインだが、リーグ・オブ・レジェンドに対しては当初から嫌悪の念を抱いてきた。一部のチャンピオンは明らかに邪悪な魔力に取りつかれており、ルーンテラの安全のために排除すべきであるにも関わらず、リーグに受け入れられているためだ。かくして“闇夜の狩人”ことシャウナ・ヴェインの極秘任務は開始された。彼女が密かに目指すのは、「リーグ・オブ・レジェンドの浄化」である。

全ての闇を恐れる必要はない。少なくとも、ヴェインがいる限りは。

セリフ編集

Upon selection編集

"Let us hunt those who have fallen to darkness."
闇に堕ちた連中を狩るとしよう。

Attacking編集

"I bring swift death."
 すぐに終わらせてやる。

"I release them from their pain."
 苦しみから解放してやる。

"I pass judgment."
 裁きを受けろ。

"They will be purified."
 浄化するのみ。

"Cleansing blood with silver."
 銀の矢で清めてやる。

Movement編集

"Beware!"  注意を怠るな!

"On wings of night."
 闇夜に紛れ進もう。

"I hear the innocent cry out."
 罪無き者の嘆きが聞こえる。

"I smell black magics."
 闇の魔術の臭いがする。

"The shadows are to be feared."
 影を恐れよ。

"In the dark all is laid bare."
 暗闇では、いかなる者も無防備だ。

"Evil lurks around every corner."
 闇はどこにでも潜んでいる。

"The dark should fear me."
 闇よ、私を恐れるがいい。

Joke編集

"I have no time for nonsense."
 貴様の戯言に付き合う暇など無い。

"Joke? What do you mean?"
 ジョーク?どういう意味だ?

Taunt編集

"Hitting me is like boxing with shadows."
 私を殴るだと?まるでシャドーボクシングだな。

Upon learning Silver Bolts編集

"Silver of the moon."
 銀で充つる月よ。

"The purifying element."
 浄化する。

"Purged with silver."
 銀の力よ。

Upon activating Final Hour編集

"Time for reckoning."
 正義の名のもとに。

"The die is cast..."
 賽は投げられた…。

"Impure fools."
 不浄な愚か者どもめ。

スキン&スクリーンショット編集

  • デフォルト - 2011-05-10
  • 死の執行人ヴェイン - 2011-05-10
  • 貴族の狩人ヴェイン - 2011-05-10
  • 龍殺しヴェイン - 2011-08-24
  • 愛の狩人ヴェイン - 2012-02-14
  • SKT T1 ヴェイン - 2014-05-05
  • アークライトヴェイン - 2015-04-21

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。