FANDOM


Vel'Koz(ヴェル=コズ)はRiot Gamesが開発したゲームLeague of Legendsに登場する架空のキャラクター。

ストーリー編集

原文編集

I pass into the sudden glare. Blink. Blink, blink, blink. My eyes adjust and evaluate the landscape before me.

There's a scurrying. I look down to find a small, white creature standing on its hind legs, sniffing at my body. It intrigues me.

What use are you?

I analyze the creature. A flash of hot magenta light, a dust pile where it was quivering.

Mammalian... Nocturnal... Impeccable hearing. Incredibly weak. Yet they breed so prodigiously.

Hm, I mutter to myself. Hopefully there will be more complex things to be found; those fascinate me.

Consume and learn: this is my purpose. The others who travel with me are primitive: kill and eat, kill and eat. I need to gather all available information - harvest any valuable resources.

Eventually, we come upon a destroyed city, save for one pristine tower. It appears to be protected - or intentionally left standing. I deconstruct the composition of the ruins. My analysis suggests this habitat was a place of great magic; I'm not surprised it was a target of such destruction. There is something compelling about the tower. While the others are off scavenging, I enter the citadel.

Cryptic instruments are strewn about. I examine one. Another flash of hot magenta light, another dust pile.

Fascinating: a tool to alter their concept of time.

Strange.

Unprecedented.

From the state of the tower, it seems the owner departed only recently. The artifacts left behind have existed in more than one time and place. Some are more complex than others; all are more impressive than anything I have seen on this plane. Clearly, the owner knows things I have not encountered in any of my travels.

I require such knowledge.

Leaving the tower, I find the others closing in on the entrance, ready to destroy it as they have destroyed everything else we have met. They will only get in the way of my goal. There are some things the Void should not consume indiscriminately.

Without warning, I lash out a tentacle, its tip glowing white hot. Lightning arcs through the first creature, knocking it back. Its screams fade as I extend all three limbs, energy crackling between them, scorching the air where the streams meet. The other two run; they know what's coming.

Must they always flee?

I open my eye wide and unleash a beam of energy, following the escaping creatures. They are instantly reduced to ash. Hmm. Void-native melting point is inconsistent, I note.

But that is of no consequence. The hunger inside me grows. I am ravenous. Insatiable, as never before.

I have glimpsed the ultimate knowledge.

And I will have it.

日本語訳編集

突如まばゆい光に包まれ、視界が一瞬にして白で飽和する。パチリ、パチリ、パチリ、パチリ。何度か瞬きをすると、次第に目が慣れてくる。あらためて周囲の景色を観察する。

何かが駆けてくる。下を見る。小さな白い生物が後ろ立ちで私の臭いを嗅いでいる。興味深い。

お前の用途は何だろう?

分析を開始。赤紫色の熱い光が一閃すると、震えていた生物は小さな灰の山と化す。

哺乳類… 夜行性… 鋭敏な聴覚。信じがたいほど脆弱だが、なんと凄まじい繁殖力。

「ふむ」と、私はつぶやく。より複雑な生命体が見つかるといいのだが。そういったものにこそ私は魅了されるのだ。

取り込み、学習する。それが私の目的である。共にやって来た仲間たちは原始的すぎる。殺しては食べ、殺しては食べ、ただそれだけだ。私はあらゆる情報を入手したい――あらゆる有効資源を回収したいのだ。

やがて私は、廃墟と化した都市へたどり着いた。一本の塔だけが無傷のままそびえている。この塔は何かに守られているように見受けられる――もしくは、あえて残しておいたのであろうか? 構造物の成分解析を実施。この都市には、かつて強力な魔法が存在していたことが示唆される。となれば、こうした破壊の標的になろうとも不思議ではない。その塔には何か興味を引かれるものがあった。仲間たちはゴミ漁りへ向かったが、私は塔へと進み入った。

塔の中には奇妙な道具が散らばっている。ひとつを分析してみよう。再び赤紫色の光が放たれる。また灰の山が作られる。

素晴らしい! これは時間の概念を変化させる道具だ。

不可解

このようなものは前例がない。

塔の状態から察するに、最近までここで誰かが暮らしていたようだ。置き残された人工物はどれも、複数の時代や場所に存在していたものである。複雑なものもあれば、そうでないものもあるが、いずれも極めて印象的である。どれも、この世界で目にしたどんな物よりも興味深い。どうやらこの塔の住人は、私が過去の旅において一度も遭遇したことのない何かを知っている。

こうした知識を、私は必要としている。

塔を出ると、仲間たちが入口に集まってくる。塔を破壊する気だ。これまでも、目に映るものすべてを破壊してきたのだから。だがそれは、私の目的とは相容れないものだ。ヴォイドが無差別に破壊してはならないものは、確かに存在する。

私は出し抜けに、一本の触手を振り回した。白熱したその先端が、まばゆい弧を描きながら最初の仲間を貫き、後方へ吹き飛ばす。そいつが悲鳴を上げながら消滅する間、さらに三本すべての触手を、仲間に向けて伸ばす。ほとばしるエネルギーに空気が焼け、生き残った二者が逃走を始める。危険を察知したのだろう。

なぜ、いつも逃げようとするのだろう?

私は目をかっと見開き、エネルギーの光束を発射する。ビームは逃走者たちをとらえ、瞬時に消し飛ばした。これは興味深い。どうやらヴォイドに由来した生物の融点は、個体ごとに異なるようだ。

だが、今はどうでもよいことだ。私は飢えている。私の中で欲求が渦巻いている。今まで感じたことのないような、飽くなき渇望が。

私はあのまばゆい光の向こうに、究極の知識を垣間見た。

必ずや手に入れてみせよう。

セリフ編集

Upon selection編集

"Knowledge through... disintegration."
 分解を通じた…知識だ。

Attacking編集

"Bones are surprisingly inflexible."
 骨には驚くほどに柔軟性が無いな。

"Tears appear to serve no function."
 涙には何の機能も無いように見える。

"You may experience mild... incineration."
 穏やかな…灰化を受けるかもしれないな。

"Ah, another entity of value."
 おぉ、また価値ある自律体か。

"Intriguing reaction to pain."
 興をそそる痛みへの反応だ。

"Thank you for your... contribution."
 「ご協力」に感謝する…

"Are no organs safely removable?"
 安全に取り外せる臓器は無いのか?

"I acknowledge your pain."
 君の痛みは認識している。

"Their skins appear non-transferable."
 彼らの外皮は交換が不能であるようだ。

"Hm, this is a fragile species."
 ふむ、これは脆い種族だな。

"Creature appears to seek its maternal unit."
 生物がその母的個体を求めているように見える。

"Have they ceased to evolve?"
 彼らは進化することを止めたのか?

"Their appendages seem redundant."
 彼らの四肢は余剰であるようだ。

"These creatures really can be repulsive."
 これらの生物達は胸が悪くなるほど気持ち悪くなり得るな。

"What secrets are you hiding?"
 君が隠している秘密は何だ?

"I must know more."
 もっと知らなければ。

"Let's see what they're made of."
 彼らが何でできているのかを見てみよう。

"I require a closer look."
 もっと近くで見せてもらう。

"I find their elbows obscene."
 彼らの肘はわいせつであると分かった。

"When bisected, neither half grows back."
 切断した場合、どちらの面からも再生しない。

"Flailing appears to be a universal response."
 手を振り回し暴れるというのは普遍的な反応のようだ。

"They possess a variety of internal aromas."
 彼らは種々の内部芳香を保持している。

Movement編集

"High concentration of subjects... wonderful."
 被験体が集積している… すばらしい。

"Endoskeletal... quite peculiar."
 内骨格…面妖な。

"What else can I discover?"
 他に何が見つかるだろうか?

"Such fascinating evolution."
 何と興味をそそる進化か。

"Hm... extraordinary."
 ふむ…並外れている。

"Odd creatures of blood and flesh."
 血液と肉体から成る奇妙な生物だ。

"Their is much to learn about this world."
 この世界には学ぶべきものが沢山ある。

"Humans; simple, messy, yet exceptional."
 人類… 単純、雑多、しかし優秀だ。

"That's unexpected."
 それは想定外だ。

"I miss the darkness of the Void."
 Voidの暗闇が懐かしい。

"My presence causes them... distress."
 私の存在は彼らにとって… 苦痛である。

"The light here is harsh."
 ここの光はとても刺々しい。

"Creature's mewling increases during dissection."
 生物の泣きじゃくる声は解剖時に増大する。

"Human melting point remains... inconsistent."
 いまだ人類の融点に… 一貫性を確認できず。

"Genders are more easily discerned by the pitch of their cries."
 性別は悲鳴のピッチによる識別がより容易であるな。

"To date, none have survived preliminary testing."
 現時点では、予備実験で生存した者はいない。

"A land rich with information."
 情報に富んだ世界だ。

"The pattern is clear."
 パターンは明確だ。

"Ah, the Void. I miss the darkness."
 あぁ、Voidよ。あの暗闇が恋しいことよ。

Joke編集

(Vel'kozが3つの目を取り出し、ジャグリングする)
"Replicating lifeform entertainment routine!"
 生命体エンターテイメントルーチンを模写!

 (Vel'kozが口ずさむ)
"Research requires good tentacle-eye coordination."
 調査には良好な触手と目の共同作業が必要とされる。

Taunt編集

(シュレーディンガー方程式のようなものを提示しながら)
"It seems your chances of survival are... less than zero."
 お前の生存確率は…ゼロより低いそうだ。

"Let's see... yes, infinity more samples required!"
 さてさて…おお、無限より多くのサンプルが必要とされている!

スキン&スクリーンショット編集

  • デフォルト - 2014-02-27
  • バトルキャストヴェル=コズ - 2014-02-27
  • アークライトヴェル=コズ - 2015-01-28

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。